乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

健側嚢胞の細胞診の必要性について   [管理番号:6688] 
左わき近くに1cm程のしこりに気づき直ぐに乳腺外来を受診、マンモ・エコー・触診の結果、「マンモに写らない(脇過ぎて撮影範囲に入らなかった可能性あり)エコーでの形、触診で柔らかく可動する。両性の嚢胞なので経過観察」と言われたが気になるので細胞診を依頼、結果classⅤで乳管癌と判明
直ぐに針生研・CT

~結果~

ER 陰性 1%未満
PR 陰性 1~3%
HER2 陰性 1+
Ki-67 35%

明らかな転移は確認できない、浸潤性乳管癌
そこで気になる以下の①~③についてご意見をいただきたくお願い申し上げます。

①約1cmの大きさは数年前からあったようだとのことですが毎年人間ドックと乳がん検診エコーを受けており‘15年以降は異常なし(それまでは左右嚢胞や卵管拡張などで再検査などあった)なので1年で1cmになった可能性は否定できないか。

(紹介状を書いていただく病院は手術は3カ月待ちなので他をあたるべきか)
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん転移について   [管理番号:6821] 
月日は流れ先月末ふと胸を触ると大きめのしこりがあり、蒼白になり予約無しで即日診てもらえる市民病院へ。
(初めに診てもらった病院は予約しないと診てもらえないので。)乳頭の斜め下辺りに1.5センチのしこりがあり、MRIと生検をした結果、乳がんと告知されました。

何故気付かなかったのか、とてもショックでこの1年9カ月何を診てもらっていたのか、ドン底に突き落とされました。

食欲もなく2キロ減っていました。
息を吸ってもなかなか入ってこない
息苦しさや、背中、脇の鈍痛、肩甲骨、胸の真ん中の痛み、肋骨などが痛み、体もだるく、微熱もあります。

骨や肺に転移してるのか?とても不安です。
■病名:乳がん
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

放射線治療を中止すべきか続けるべきか   [管理番号:6820] 
7/(上旬) 右乳がん温存手術をしました。
リンパ郭清無しです。
術後放射線治療がおくれ8月下旬から開始しましたが乳房が赤く腫れ皮膚ではなく内部の痛みがありました。
10回目が終わった時点で診察を受け、放射線治療は中断し炎症の治療中です。
症状は改善してきています。
放射線治療を続けると再発するのではないか、中止したほうが良いかもしれないとの話しがありました。
我慢して続けるべきか中止すべきか悩んでいます。
先生曰く、前例がないそうです。
■病名:乳がん
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

適応外診療を勧められて   [管理番号:6819] 
今年2月に左乳房の全摘手術を受け先日約6カ月の抗がん剤治療が終了しました。
今後、放射線治療を受けるのですが、先日主治医から妻に放射線治療後の治療の説明がありました。
主治医は妻に「現状、ホルモン療法とするか飲む抗がん剤(ゼロータまたはTS-1)にするか迷っている。
どの方向にするか自分でも考えておいて。」との話をされたとの事でした。
この話を妻より聴いて疑問に感じたのは標準治療後にさらに抗がん剤治療をするのか?という事です。

ここを読ませていただいた中でこの場合の治療方針としてゼロータ等は適応外なのではないかと感じています。
またトリプルネガティブはホルモン剤の効果は低いとも感じています。
■病名:乳がん
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。