乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

間質性肺炎で乳癌治療中   [管理番号:6276] 
田澤先生、質問があります。

① 薬剤性間質性肺炎はやはり予後不良なのでしょうか。

②今後、乳癌の手術は可能でしょうか。

③乳癌の今後の治療を田澤先生にお願いしたい場合、どのような手順で行えばいいでしょうか。
■病名:乳癌
<女性:62歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後のKi測定について   [管理番号:6732] 
私の術前の病理結果は下記の通りです。

・右胸 浸潤がん
・温存手術予定
・ホルモン陽性 80%
・HER2 陰性
・Ki-67 30%
・核グレード 1(核分裂像1 核異型2 Tublar
Differentation2)
・ステージ 1A
・リンパ転移 エコー上無し、MRI微妙(あるかも)

質問
① 先生からCTとPETはやらなくてもいいと言われ行っていませんが、遠隔転移の可能性はほぼ無いのでしょうか?

② 術後の病理でkiの再測定はしないと言われています。
なぜなら、生検でホットスポットを取っており2回目は保険適応でないから。

私の場合、ルミナールAかBかはKi次第かと思うのですが、自費でも術後の測定をお願いするべきでしょうか。

③術後すぐに受精卵凍結にむけた治療がスタートするので抗がん剤をやるかどうか決めなくてはいけません。
将来の妊娠も希望はするものの、再発転移の可能性をなるべく減らしたいです。

術後の結果次第で放射線とホルモン前の治療として、
下記のように考えていますが、田澤先生のご意見をお聞かせ頂けますでしょうか。

・リンパ転移有り→受精卵凍結→TC4クール実施
・リンパ転移無し→受精卵凍結→オンコタイプ→抗がん剤やるかどうか決める

宜しくお願い致します。
■病名:乳癌
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。