乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6819]
術後の病理診断の疑問とステージについて
性別:女性
年齢:44歳
病名:乳がん
症状:

 
 

質問者様の別の質問

内容から新たな管理番号でタイトルを「適応外診療を勧められて」としました。

質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。

管理番号:6230「術後の病理診断の疑問とステージについて

 
 

お世話になっております。
いつも読ませて
いただき参考にしております。

また質問をさせてください。

今年2月に左乳房の全摘手術を受け先日約6カ月の抗がん剤治療が終了しました。
今後、放射線治療を受けるのですが、先日主治医から妻に放射線治療後の治療の説明がありました。
主治医は妻に「現状、ホルモン療法とするか飲む抗がん剤(ゼロータまたはTS-1)にするか迷っている。
どの方向にするか自分でも考えておいて。」との話をされたとの事でした。
この話を妻より聴いて疑問に感じたのは標準治療後にさらに抗がん剤治療をするのか?という事です。

ここを読ませていただいた中でこの場合の治療方針としてゼロータ等は適応外なのではないかと感じています。
またトリプルネガティブはホルモン剤の効果は低いとも感じています。

主治医は妻に対し万全な治療を施していこうと考えているようで非常に信頼しているのですが、私個人としてはトリプルネガティブ乳がんの標準治療後は定期通院(採血やエコーを含む)のみと考えているのですが、先生の見解はどうでしょうか?
申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

全く、とんでもない。
最近のQandAでは「主治医から適応外診療(術後のゼローダ)を勧められている」というのが急増しています。(最近の江戸川へのセカンドオピニオンでもあったので「適応外」です。と主治医へ注意しました)

これは『今週のコラム 136回目 決して適応外診療を勧めることはありません。今回のガイドラインの記載には正直、迷惑であり驚いています』で記載したように、乳がん学会がガイドラインに「馬鹿な記載」をしたために生じた現象だといえます。
術後補助療法としてゼローダを勧める医師の中には(適応外診療であることを承知なのに、知らぬふりをして行う)医師と、(そもそも適応症を知らずに「ガイドラインにあるから」的に行う)医師がいることでしょう。

「主治医は妻に「現状、ホルモン療法とするか飲む抗がん剤(ゼロータまたはTS-1)にするか迷っている。」
→何たる!!

 この主治医は、患者さんに「適応外診療」であることを伝えているのか??(それとも、その医師にその認識がないのか??)
 本来、その治療をするのであれば(当然、適応外診療だから)「自費診療」としなくてはいけません。

 そうすると「混合診療は法的に認められていない」ので、ゼローダだけでなく全ての診療(検査も含む)を自費診療(いきなり10割となります)としなくてはならないのです。
 ★もしも、その話をしていないとしたら…
   保険を通すためには「骨転移」などの病名を(こっそりと)つけているのでしょう。

「この場合の治療方針としてゼロータ等は適応外なのではないかと感じています。」
→その通り。
 100%正しい認識です。

「私個人としてはトリプルネガティブ乳がんの標準治療後は定期通院(採血やエコーを含む)のみと考えているのですが、先生の見解はどうでしょうか?」
→その通り。
 私は『絶対に』保険外診療は勧めないし、行いません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。