乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

HRTと乳癌   [管理番号:6756] 
現在、38歳です。

36歳の時、早期閉経と診断され、ホルモンの値が低いためカウフマン療法をしています。
プレマリンを1日1錠、プロベラを10日間飲みます。
特に副作用もなく、体調もよいのですが、薬を辞めると月経が来ないので45歳くらいまでは、補充を続けるのが良いと医師から言われてます。

やはり乳癌リスクが気になります。

HRTの乳癌リスクはどの程度でしょうか?
また、より安全なHRTはありますか?
■症状:HRT中
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後のKi測定について   [管理番号:6732] 
私の術前の病理結果は下記の通りです。

・右胸 浸潤がん
・温存手術予定
・ホルモン陽性 80%
・HER2 陰性
・Ki-67 30%
・核グレード 1(核分裂像1 核異型2 Tublar
Differentation2)
・ステージ 1A
・リンパ転移 エコー上無し、MRI微妙(あるかも)

質問
① 先生からCTとPETはやらなくてもいいと言われ行っていませんが、遠隔転移の可能性はほぼ無いのでしょうか?

② 術後の病理でkiの再測定はしないと言われています。
なぜなら、生検でホットスポットを取っており2回目は保険適応でないから。

私の場合、ルミナールAかBかはKi次第かと思うのですが、自費でも術後の測定をお願いするべきでしょうか。

③術後すぐに受精卵凍結にむけた治療がスタートするので抗がん剤をやるかどうか決めなくてはいけません。
将来の妊娠も希望はするものの、再発転移の可能性をなるべく減らしたいです。

術後の結果次第で放射線とホルモン前の治療として、
下記のように考えていますが、田澤先生のご意見をお聞かせ頂けますでしょうか。

・リンパ転移有り→受精卵凍結→TC4クール実施
・リンパ転移無し→受精卵凍結→オンコタイプ→抗がん剤やるかどうか決める

宜しくお願い致します。
■病名:乳癌
■症状:温存手術後6日目。浮腫や痺れはあるが良好。
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

どうしたらいいか悩んでいます。   [管理番号:6413] 
先生は良性っぽい所もあるけれど、含まれている可能性もあるから、ひらかないとわからないグレーゾーンと言われました。
選択は

1.経過観察(ただ、見つかった時はある程度ひろがっているかも)

2.乳頭の上を3センチ切った
検査手術(癌がみつかった場合二、三ヶ月後に再手術)
胸の変形が軽度でおさえられる
ただ、再手術になったら傷が広がる

3.癌に準じた手術
胸の脇を7センチきる手術
癌に準じた手術なので、大きくとる軽度から中等の変形がおきる
一回の手術でおわります。
もし、悪性の場合は、抗がん剤はなしで、放射線だけで大丈夫といわれてます。
病変は8ミリの特殊な粘液乳がんの疑いだそうです。
まだ決まった訳ではありませんが、良性の確率もあるみたいで…
7センチをきるのを選択したのですが、もし、良性だと傷が胸のわきに7センチ、胸の変形、痛み、傷がのこると思うと辛いです。
なので、今は3センチの外科的生検にしようかなと揺れています。

乳がんの判定は難しいんでしょうか?
MRI、CTは確率はあたるのでしょうか?
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

授乳中の複数のしこりと乳腺や血管   [管理番号:6133] 
第1子とは12歳離れていますが、エコー触診の検査は毎年受けてきました。
6月出産後、母乳は直接はあげず、搾乳したものをあげてきました。
胃逆流症がこどもにあった為、それ用のミルクを飲むことになり、今年の1月からは搾乳した母乳は捨ててきました。

最初から右胸の方が2倍くらいの大きさになり、出る量も右胸が倍以上でした。
ここ最近は朝一度しか搾乳せず、50くらいになりました。

胸に関して、とても不安で心配なところがあり、今までも 触診で気になると次の日にはエコー検査してもらうよう
にしてきました。

6月に出産し、早速 胸のボコボコした血管や乳腺?かなんだか分かりませんが とにかく胸の中にミミズがいるかのような紐が入っているかのような胸になり心配で8月に外科で触診、10月に乳がん検診のエコーと触診、3月頭に触診とエコーをしてもらいました。

右胸の乳輪の上側、左胸よりに、時々 ぽこっと浮き出てくるようなしこりというかビーズのようなものがあり、気がつくと、なくなっていたり、また気がつくとあったりするので心配で仕方ないです。
■症状:球のようなものとぐみのようなもの
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。