乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の整容性と経過   [管理番号:6686] 
2年前に2ミリの非浸潤癌で手術、放射線治療をしました。

毎回術後のエコーを受けると手術した部位は脂肪の壊死が見られますねと言われます。
通常の経過で問題ないと理解していますが、ふと不安に思うことがあります。

この壊死した脂肪は将来どう変化していくのですか。
変性していって乳房の変形につながるのではと不安になります。

今でも手を挙上するとへこんでいて、そこを手術したのだなあとわかります。
マージンをとって5センチ程度とりましたと言われました。

太ったらお腹に脂肪がつくように、乳房にも脂肪はもどってきますか。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術前と術後の病理結果の不一致について   [管理番号:6685] 
術前に浸潤癌、術後に非浸潤癌と診断されることなどあるのでしょうか?
担当医から生検で浸潤癌があったにもかかわらず、術後の検体から確認できなかったことについて、5mmスライスしているので、その間に僅かな浸潤があるかもしれない。
崩れているように見える部分もあるが、明確な浸潤と言えるものではない。

また、浸潤があったとしても極僅かなため化学療法の対象とはならない。

以上により、無治療、3ケ月毎の経過観察のみとなりました。

過剰な治療を求めているのではありませんが、
無治療で本当に大丈夫でしょうか?
術前の説明と違ってしまったため、戸惑っています。

非浸潤癌で全摘なのに、3ケ月毎の経過観察になっているのは、担当医が少し不安な部分があるのでは?と、変に疑ったりしてしまいます。

田澤先生のご経験から、この様なことはあり得るのかご意見を伺えれば幸いです。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

授乳中で少量出血   [管理番号:6684] 
私は現在一歳半になる赤ちゃんの授乳中です。

一歳半ですが、頻繁に授乳しています。

今年の一月からたまにパッドに赤い血が少量着くようになりました。
一ヶ月に一回ほどの頻度です。
最近落ち着いてきたと思っていたのですが、昨日また少量血が付着していました。

血が付着しているのはいつも左胸です。
いつも自分で絞ってみるのですが、その時は普通の母乳しか出ず、確実な出血場所が確認出来ません。

今年の一月、四月、七月に超音波をしてもらっていますが異常はありません。

私は乳癌ではないですか?定期的に超音波をしてもらい、異常がなかったのですが、出血は気にしなくて良いのでしょうか。

これからどれぐらいの頻度で超音波をしてもらったらいいですか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

両側乳がん リンパ郭清   [管理番号:6683] 
A病院で手術予定(8月(中旬)日)(A病院医師とクリニック医師との2名で手術)
提案された治療方針は、
1. 左乳房部分切除+SNリンパ節生検のみ(転移にかかわらず郭清しない)
2. 放射線治療25-30回
3. ホルモン治療5年ないし10年

母は左乳房全摘でもかまわないのですが、疑問はSNリンパ生検に転移があった場合です。
過去に右リンパ節郭清済みのため今回左リンパ郭清はさけ、(リンパ浮腫を回避するため)術後放射線治療で制御する方針のようです。
標準治療ではレベル2まで郭清するのだが、両側だから、
郭清できないとか(しにくいとか)あるんでしょうか?レベル1まででないのは、画像診断からでしょうか。
ちなみに母は過去にリンパ浮腫の経験はありません。

リンパ節転移は腫瘍の大きさからして、確率的には低いが、画像では腫れているところがれているところが数か所あるようです。
右リンパがないので比較対称できないとのこと。
SNリンパに転移がなければいいのですが・・・
<女性:74歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

温存後補助療法について   [管理番号:6682] 
主治医からは、浸潤癌である以上、術後補助療法なしはとても危険で再発したら大変、放射線拒否ならホルモン療法か化学療法(抗HER2療法))を強く勧められています。
(局所治療として放射線をした場合でも、対側・全身予防としてホルモン療法か化学療法のどちらか行うことを相談、とのスタンス)

5mm以下の微小浸潤には化学療法不要のガイドラインもあり、(田澤先生の過去回答)化学療法は選択肢外ですが、上記組織所見、既往症、本人の強い拒否感を総合しても、放射線もホルモン療法もやらないという選択肢はありえないでしょうか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。