Site Overlay

多孔性分泌を心配している方! 是非「Q&A 8722 断乳してからの分泌液」を、まずはご覧ください。

多孔性分泌を心配している方!

近所の乳腺外科を受診して、「全く無駄な」分泌液の細胞診などをする前に…

以下を、よく読んでください。

 

★「入口」が誤っているから、このような誤解が発生するのだろうと思います。

 

例えば、あなたが「分泌」に不安を感じた際に、ネット検索すると「分泌の中には癌が原因となっているものもある」と、出るのかもしれませんね?

「そこ」から入ってしまうと、とんでもない無駄な心配に苛まれることとなります。

 

物事の本質を理解せずに「分泌の中には癌が原因となっているものもある」から、入ってしまったために起こる悲劇と言えます。

 

 

乳癌(を含む、腫瘍が原因)の分泌は、(そのシコリから)乳管を通って乳頭に分泌します。 乳管内に生じる腫瘍は「複数」だとしても必ず「同じ乳管」なのです。だから「単孔性」なのです。

 

乳腺にある複数の乳管(十数本)に「一斉に腫瘍が出来て、一斉に分泌するイメージ」がありますか?(もし、あるとすればそのイメージは「綺麗さっぱり」捨てましょう)

 

★ 腫瘍から一か所の乳管を通って分泌するイメージ これが重要です。 これがイメージできれば、質問者は「今の悩みがばからしく」思えてくるでしょう。

Q&A 8722 断乳してからの分泌液
 

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up