Site Overlay

全摘で断端陽性と言われた方は、まず『8601 全摘なのに断片陽性「”しこりの大きさとオンコタイプDX”の質問3」』をご参照ください。

以下、本文中から抜粋

 

要点は

1.断端陽性となっていても(実際には)「摘出した標本のギリギリ」まで癌が存在していたという事実のみであり、以下の3通りのケースがある。

  ①本当に取りきれていない(筋肉側に残っている)

  ②ギリギリだが取りきれている(実際には残存なし)

  ③そもそも標本の作製過程で脂肪などが外れたために(見かけ上)ギリギリに見えるだけ(実際には余裕をもって取りきれている)

 

2.このQAで同様の質問をして、結果的に当院で再手術(その部位の皮膚と筋肉を切除)したケースが(今、覚えているだけで)2例ありますが、どちらも陰性(上記②もしくは③)でした。

 

3.もしも①だと仮定しても、それを理由に全身療法を追加するのは誤り(局所の借りを全身で返すという発想は誤り)

  ①だと仮定して「放射線を追加」するのは(放射線は局所療法なので)誤りではありませんが、「だから、抗がん剤をしよう!」は完全な誤りです。

 

 

8601 全摘なのに断片陽性(しこりの大きさとオンコタイプDX の質問3)

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up