Site Overlay

7月15日(金)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ホルモン治療ほかについて   [管理番号:10406]
質問
①乳房温存(部分切除)を検討したいのです。
全摘と部分切除で再発率の違いが有るのは理解できますが、生存率は変わらないとネットではみかけます。
この、生存率は変わらないという点の解説をお願いします。

そもそも見解が異なる場合は先生のお考えをお示し下さい。

②ホルモン治療は、乳がん細胞の成長を遅らせるもので根治する治療ではないと理解してますが、合ってますか。
(薬を10年で止めても再発はする)

③また、微量ながん細胞があった場合、ホルモン治療により遠隔転移が抑えられるという効果はありますか。
■病名:乳がん(粘液がん)
<女性38歳> ……【詳しく読む】ホルモン治療ほかについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

マンモグラフィーで見えた白い点について   [管理番号:10415]
先日乳がん検診で、エコーとマンモグラフィーを受けました。

結果はどちらも問題なしで、しこりも石灰化もないとのことでした。

マンモグラフィーの画像中に、白い点があったので、気になり聞いてみると、血管と言われました。
マンモグラフィーでは血管も白く映りますか?
血管は、病変(しこりや石灰化)とは、容易に区別がつくものでしょうか?
ちなみに、医師はマンモグラフィー読影医でした。

また、最近脇腹に、直径2~3ミリの赤いほくろのようなものができていました。
乳がんの症状ではないでしょうか?
<女性39歳> ……【詳しく読む】マンモグラフィーで見えた白い点について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療と、妊孕性温存   [管理番号:10318]
25歳の娘に乳癌の診断がありました。

自分でしこりに気づき、すぐに乳腺クリニックを受診。
マンモ、エコー、針生検を行い、10日後に結果を聞きました。

クリニックの結果は、2.3センチ位、乳管癌(硬癌)、核グレード2、ホルモンは陰性、HER2は1+でトリプルネガティブとのことです。

脇の下にもエコーで気になる所見があり、クリニックの医師の見解では少なくともステージ2a以上では?とのことで、紹介状を持って病院を受診しました。

病院では初診時に採血、胸部xp、心電図、エコー、触診を行い次回造影MRIとPET CTを行います。
それで正解にステージを判断するそうです。
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性25歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブの治療と、妊孕性温存

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ki30 抗がん剤上乗せは?   [管理番号:10431]
本日は手術結果が出まして、主治医も私も悩ましい結果になりましたのでご教授頂きたく思います。

右側浸潤性乳管癌
組織型 大きさ2センチ
センチネルリンパ1つ転移あり2.5mm レベル1郭清0/19
核異型 2
ER 6
PgR 7
Her2陰性
ki67 30%
T1c n1 M0
病期2A
頂いた資料そのまま写しました。

主治医もこの印象だと抗がん剤は使わず、ホルモン10年+リュープリン併用でどうだろうか。
リンパに転移はあったが術前エコーでも分からずセンチネルリンパ郭清したら分かったぐらいで非常にに小さいので。
とお話しがありました。もちろん抗がん剤を希望すれは可能です。
ただ、小さくともリンパに転移あったのとki数値が微妙ラインということは無視できないので抗がん剤の話はしますが。
とのことでした。

ki数値が30%と微妙な数値に困っております。
そのためのオンコタイプは分かっておりますがこちらの病院はオンコタイプは推奨していないとのことです。

田澤先生でしたらオンコタイプは使わず上記のみの病理検査結果からどのような治療法になりますでしょうか。
■病名:右浸潤生乳管癌
<女性39歳> ……【詳しく読む】KI30 抗がん剤上乗せは?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤について   [管理番号:10437]
4月に遺伝性乳がんである事が分かり、先週、両胸の全摘と卵巣卵管を切除しました。

病理の結果が、
右胸
ステージ 1a 浸潤がん 1.2×0.8センチ
リンパ転移 0/2
遊離細胞 プラス
核グレード 3
エストロゲン受容体 7/8
プロゲステロン受容体 8/8
HER2たんぱく 陰性
Ki67は術前で43%

左胸
ステージ 0 非浸潤がん 3.2×1.7センチ
リンパ転移 0/3
核グレード 3
エストロゲン受容体 4/8
プロゲステロン受容体 5/8
HER2たんぱく ほぼ陰性
でした。

術後の抗がん剤を勧められ、オンコタイプDXを依頼しました。
通常だとこの場合、抗がん剤をすべきでしょうか?
■病名:遺伝性乳癌卵巣癌症候群
<女性48歳> ……【詳しく読む】抗がん剤について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up