Site Overlay

3月31日(木)① 2件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

リュープリンの必要性と授乳について   [管理番号:10023]
7年前に乳がんに罹患し、現在34歳、ルミナール A 、リンパ節転移2個、ステージ2Aです。

タモキシフェン+リュープリンを3年間で中断して、体外受精、出産、現在授乳中です。
生理は授乳頻度が落ち始めた3か月前に復活しましたが、また頻度を上げたら今月は遅れたりと不安定です。

授乳も1年半ほどしているため、そろそろ断乳して投薬再開しようと思い、主治医に相談したのですが、再開後はタモキシフェンのみでリュープリンはしないと言われました。

術後7年経って再開するエビデンスはないとのことです。
私はできることは全てしたいという思いがあるので、リュープリンを打って欲しいのですが、主治医の方針に反して投薬してもらうのは難しいでしょうか。

またルミナールAの場合は授乳がリスク低下になるという記事を見たため、リュープリンをしないのであれば、まだまだ頻回授乳を続けようかなとも考えております。

頻回授乳で生理を止めるのは再発予防になるでしょうか。

乳癌治療でリュープリンをしたことで 2cmほどの子宮筋腫が偶然消失した過去もあり、エストロゲンが悪さをしがちな 私の体には 生理を止めることが必要な気がしています。
■病名:乳癌
<女性34歳> ……【詳しく読む】リュープリンの必要性と授乳について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティヴの進行速度、治療方法について   [管理番号:10196]
私の状況ですが、
2021年11月29日地域のがん検診でマンモ、結果異常なしでした。

2021年12月10日エコー検査で腫瘤が見つかり、2022年1月19日再びマンモ、エコー検査にて怪しい影あり、針生検結果はグレーのため、太い針で再度、クラスⅢ。

質問①11月のマンモで映らなかった物が1月に大きくなっていたのか?
撮影の仕方によるものなのでしょうか?
(マンモ検査は同じクリニックです)

質問②トリプルネガティヴの場合、抗がん剤治療から行われ、手術となることが多いようですが、手術が初期治療となることもあるのでしょうか。
■病名:乳癌 ステージⅡ トリプルネガティヴタイプ
<女性57歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティヴの進行速度、治療方法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up