Site Overlay

4月1日(金)① 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

手術後の治療法について   [管理番号:8962]
昨年から仕事の関係でハワイで暮らしています。
一昨年まで日本でマンモグラフィとエコーの検査を受けて異常なし、昨年11月はハワイで触診のみで異常なしとの診断でした。
今年8月末に胸のしこりに気付き、乳がんでした…。

日本語でも理解に苦しむ医療用語が英語で飛び交い(英語話せません)、異国の地で不安だらけです。
インターネットで勉強している時にこの「乳がんプラザ」の田澤先生のQ&Aに出会い、まさに私の参考書です。
ありがとうございます。

先週、右胸温存手術を受けました。
(アメリカは日帰りなんですね?? )今後の治療方法を決めていく段階になりました。
そこで田澤先生のご意見をご教示いただきたくお願いです。

【術後の結果】
INVASIVE DUCTAL CARCINOMA
癌の大きさ 1.8cm
癌グレード 2
ER 99%
PR 99%
HER2 (-)
Ki67 検査対象外
センチネルリンパ節生検 3個中2個が陽性(腋窩リンパ節郭清はしていません)
ステージ1(センチネルリンパ節が陽性だったが変更はないとの事。
術前ステージ1A→1Bになったという事でしょうか)
ちなみにDNA検査の結果はネガティブでした。
■病名:乳癌
<女性:37歳> ……【詳しく読む】手術後の治療法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん ステージ2b   [管理番号:10176]
2021年12月告知
2022年2月手術

腫瘍径が5cm弱
ホルモン強陽性
kiマーカー65パーセント
リンパ節転移3つ

となり、
来月より抗がん剤治療がはじまります。

ギリギリステージ2bでよかったと思いたいのですが、
腫瘍径が4.8cmと、
術前の見込みよりかなり大きくショックを受けています。

先生は、腫瘍径が予後にかなり関係あるとおっしゃっていますが、
私のような場合でも再発せずに生きていけるでしょうか…
■病名:乳癌 硬癌
<女性42歳> ……【詳しく読む】乳がん ステージ2B

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳房痛と脇の痛みが続く   [管理番号:10198]
肺がん手術をしました。
肺の検査でCTを撮ったときに左胸のしこりを指摘されました。
その後PET検査をして、肺は光っていましたが胸のしこりは光っていませんでした。
肺手術のあと、超音波検査をして異常なく、半年後にマンモグラフィーをしましょうと言わました。

ずっと痛みが続くので次のマンモグラフィーまで待つのか悩んでいます。
やはりがんが心配です。
<女性48歳> ……【詳しく読む】乳房痛と脇の痛みが続く

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん Lyリンパ管   [管理番号:10131]
病理検査の結果が出て、リンパには転移してなかったんですけど…
リンパ管は1で脈管は0でした。
ルミナールなんですけど…
ホルモン治療薬が決まったんですけど…
リンパ管が1でも抗がん剤はしなくても大丈夫ですか?
ステージはIAです!
■病名:浸潤性乳管癌 硬性型
<女性43歳> ……【詳しく読む】乳がん LYリンパ管

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠希望、今後の治療について   [管理番号:6323]
・センチネルリンパ節微小転移の場合、腋窩郭清は腫瘍の大きさに関係なく省略で良いのでしょうか?
・センチネルリンパ節微小転移という事で、シリコンインプラントへの入れ替え後放射線治療を行います。
この放射線治療開始の遅れは予後へ影響がありますか?
・乳がん発覚時、体外受精での移植に向けホルモン補充を行なっていました(エストラーナテープ、ウトロゲスタン膣剤、ルトラールを使用)
不妊治療との関連性をどうお考えでしょうか?
・受精卵を凍結中で妊娠出産を諦めきれない思いと病気が怖いとの思いで葛藤があります。
・現在オンコタイプDXの結果待ちです。
低リスク、中間リスクだった場合、化学療法について先生のご意見をお聞かせください。
・化学療法で卵巣機能が戻らなかった場合、また不妊治療(受精卵を移植する)を再開したとしてもホルモン補充は避けられないので不安があります。
また、不妊治療を再開するタイミングをいつとお考えでしょうか。
<女性:39歳> ……【詳しく読む】妊娠希望、今後の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌と反対側の検診について   [管理番号:10197]
3/25に先生に左胸の全摘手術をして頂いた〇〇です。

お陰様で日常生活は問題なく過ごせており、今日から仕事復帰(保育士です)もしました。

体調を整えて、病理結果後の治療に備えようと考えていて、ふと、反対側(右胸)の存在を思い出しました。

2017年10月エコー(左右 乳腺症 カテゴリー2)
2019年10月のマンモグラフィ(左右 石灰化有、カテゴリー判定2)
以降、放置状態のため、不安でいっぱいです。

自己検診では何も感じませんが、QandAでは、米粒大は自己検診で見つけることは不可能とあったと思います。

次回4/(下旬)病理結果説明時に、右胸の検診(エコー、マンモグラフィー)も受けられますか?不可能ならば、別日に予約を取りたいと考えています。

先生がQ andA (124番)で仰っているように、今度こそ超早期発見を狙っています。
■病名:乳癌
■症状:左胸全摘手術
<女性43歳> ……【詳しく読む】乳癌と反対側の検診について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up