Site Overlay

妊娠希望、今後の治療について

[管理番号:6323]
性別:女性
年齢:39歳
 
はじめまして。
右乳房全摘手術を受けました。
先生のご意見をお聞かせください。
 
術後の病理検査の結果
浸潤性小葉癌 5.4cm
エストロゲン受容体 60%
プロゲステロン受容体 70%
HER2 0
Ki67 30%
ルミナールB
 
術中のセンチネルリンパ節生検では陰性でしたが病理検査で1.2㎜の微小転移がありました。
センチネルリンパ節生検陰性だったためエキスパンダー挿入済みです。
・センチネルリンパ節微小転移の場合、腋窩郭清は腫瘍の大きさに関係なく省略で良いのでしょうか?
・センチネルリンパ節微小転移という事で、シリコンインプラントへの入れ替え後放射線治療を行います。
この放射線治療開始の遅れは予後へ影響がありますか?
・乳がん発覚時、体外受精での移植に向けホルモン補充を行なっていました(エストラーナテープ、ウトロゲスタン膣剤、ルトラールを使用)
不妊治療との関連性をどうお考えでしょうか?
・受精卵を凍結中で妊娠出産を諦めきれない思いと病気が怖いとの思いで葛藤があります。
・現在オンコタイプDXの結果待ちです。
低リスク、中間リスクだった場合、化学療法について先生のご意見をお聞かせください。
・化学療法で卵巣機能が戻らなかった場合、また不妊治療(受精卵を移植する)を再開したとしてもホルモン補充は避けられないので不安があります。
また、不妊治療を再開するタイミングをいつとお考えでしょうか。
 
ご多忙中恐縮ですがよろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
 
「・センチネルリンパ節微小転移の場合、腋窩郭清は腫瘍の大きさに関係なく省略で良いのでしょうか?」
⇒その通りです。
 
「この放射線治療開始の遅れは予後へ影響がありますか?」
⇒ありません。
 
「不妊治療との関連性をどうお考えでしょうか?」
⇒不妊治療が乳癌の発生を増加させるエビデンスはありません。
 
「低リスク、中間リスクだった場合、化学療法について先生のご意見をお聞かせください」
⇒勿論!
 その結果に従いましょう。(低リスクなら抗癌剤はしないし、中間リスクならその「上乗せ」の数字で判断してもいいでしょう)
 
「不妊治療を再開するタイミングをいつとお考えでしょうか」
⇒まずは『術後の妊娠出産と治療についてお悩みの方は、管理番号5903『術後の治療と妊娠、出産について』をまずはご一読ください。』をご一読ください。
関連質問のページ
 つまり、化学療法するなら…  化学療法⇒妊娠出産授乳⇒ホルモン療法
     化学療法しないなら  妊娠出産授乳⇒ホルモン療法
 
 

 

質問者様から 【質問2 妊娠希望、今後の治療について】

性別:女性
年齢:39歳
 
管理番号 6323
前回はご多忙の中ご回答いただきましてありがとうございました。
オンコタイプDXの結果
スコア11の低リスク
タモキシフェン単独で10年遠隔再発率7%となりました。
この結果、主治医は放射線治療は過剰医療となりそうだが腫瘍の大きさが気になるので、放射線治療医と相談するとおっしゃっていました。
 
・先生は微小転移での放射線治療は必要ないと回答されていたと記憶していますが、腫瘍の大きさに関わらずという事でしょうか?
今後はシリコンインプラントの入れ替え手術後、妊娠までに1年と期間を決めて出産を目指したいと思っています。
(まだ主治医の許可は得ていません)
 
・もし出産に至らなかった場合、術後約1年半(場合によっては2年以上の可能性も)無治療のリスクはどの程度あるのでしょうか?
先生のおっしゃる勝負は「術後補助療法」に影響するでしょうか?
 
・今からシリコンインプラント入れ替え手術までの数ヶ月ホルモン療法をするのは無意味でしょうか?
私の場合不妊治療でのホルモン補充が避けられない状況があり、出産授乳が出来なければリスクだけなのではと不安に思ってしまいました。
以前、乳癌認定看護師の方から授乳中に見つかる乳癌は悪性度が高いことが多く乳癌患者は授乳しない方がいいとの話を聞きました。
 
・これについては証拠不十分と考えるべきでしょうか?
私の母は50歳で乳癌を発症しています。
私自身は39歳でルミナールタイプ、先生の回答を拝見すると遺伝性である可能性は少ないのかなと感じていますが、挙児希望のため気になります。
 
・遺伝性である可能性は低く検査は不要でしょうか?
もやもやと不安が出てしまい、過去のご回答と重複する様な質問、愚問で申し訳ございません。
ご多忙中恐縮ですがよろしくお願いします。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
 
「低リスク RS=11」
再発率7% いい数字だと思います。
まずはおめでとうございます。
 
「・先生は微小転移での放射線治療は必要ないと回答されていたと記憶していますが、腫瘍の大きさに関わらずという事でしょうか?」
⇒その通りです。
 
「無治療のリスクはどの程度あるのでしょうか?」
⇒それほどないでしょう。(もともと低リスクなわけだから)
 
「・今からシリコンインプラント入れ替え手術までの数ヶ月ホルモン療法をするのは無意味でしょうか?」
⇒数字的には、大したことは無いと思いますが、(精神的には)してもいいでしょう。(ただし、妊娠の2カ月以上前に止めるようにしましょう。)
 
「授乳中に見つかる乳癌は悪性度が高いことが多く」
⇒間違い。
 たんに授乳中に見つかる乳癌は(「妊娠授乳期に検診に行けない」「乳腺が張っていて小さなシコリを自覚しにくい」ために)発見が遅れるから、そのような数字になっているだけです。
 
「乳癌患者は授乳しない方がいい」
⇒間違い。
 
「遺伝性である可能性は低く検査は不要でしょうか?」
⇒そう思います。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

ホルモン補充後術側乳房の張り痺れ
性別:女性
年齢:40歳
病名:
症状:

2018年3月 右乳房全摘手術
2018年10月 乳房再建手術

田澤先生三度お世話になります。

この度ホルモン療法を中断し不妊治療を再開することとなりました。

先日凍結してある胚移植に向けて黄体を補充する注射(性腺刺激ホルモン、hCG注射・ゴナトロピン注射)を受けたのですが、注射翌日から術側乳房に今までにない張りと痺れの様な感覚を強く感じ時々脈を打つ様に痛みました。
(今回使用した薬は上記の2つだけです)
術後から乳房全体に触るとピリピリする様な感覚があり切除した神経が過敏なんだろうとの事でしたが、日常では違和感なく過ごしていました。

この様な状況から今週期の胚移植は見送る事となりました。

・今回の張りと痺れはホルモン補充との関連があるのでしょうか?(現在注射4日目症状は少し和らいでいます)
・ホルモン値が上昇すると傷付いた神経が過敏になったりするのでしょうか?
・乳腺は残っていないはずなのになぜ反応したのでしょうか?
・この症状は病状を悪化させるものとなりますか?
・先生の患者さんで術後の不妊治療で同様な事を訴える方はおられますか?
・今後の不妊治療において直ちに中断した方が良い症状などはありますか?

また現在、左胸に繊維線種を指摘されています。

主治医からは良性だからとさっと済まされ、自分で触れてもしこりは感じませんがエコー検査が技師さんのみである事が気掛かりです。

この様な場合、田澤先生に診察して頂くには緊急性はなく3、4ヶ月先となりますか?

ご多忙中恐縮ですがよろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

物事は「常識的に」考えましょう。
そして時系列的に、「因果関係が明らか」であることに、無駄に不安を感じることは止めましょう。

「・今回の張りと痺れはホルモン補充との関連があるのでしょうか?(現在注射4日目症状は少し和らいでいます)」
→「時系列的に」明らか!

「・ホルモン値が上昇すると傷付いた神経が過敏になったりするのでしょうか?」
→考えすぎ!

 ホルモンの刺激症状を強く感じたのでしょう。

「・乳腺は残っていないはずなのになぜ反応したのでしょうか?」
→副乳など、いろいろあります。

「・この症状は病状を悪化させるものとなりますか?」
→ナンセンス!(常識的に考えましょう)

「・先生の患者さんで術後の不妊治療で同様な事を訴える方はおられますか?」
→不妊治療中は、受診間隔が長いので(私に)伝わっていないのでしょう。

「・今後の不妊治療において直ちに中断した方が良い症状などはありますか?」
→考えすぎ!

「この様な場合、田澤先生に診察して頂くには緊急性はなく3、4ヶ月先となりますか?」
→その通り。
 考えすぎはよくありません。

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

経過観察中の線維腺腫生検
性別:女性
年齢:42
病名:経過観察中の線維腺腫生検
症状:
投稿日:2022年1月11日

?約4年前、小葉癌で右乳房を全摘しました。

その時から左乳房に線維腺腫が2個あり半年に一度エコー検査をしています。

今回のエコーも見え方は変わっていない様に思うとの事だったのですが、その後遺伝子検査が保険適用になったので私が39歳で
(ルミナールタイプ)母も50歳で乳癌を患っているので受けてみないかとの説明を受けました。

そして遺伝性の場合両側とも癌になる可能性があるとの事で繊維腺腫の生検をする事になりました。
(遺伝子検査はまだ受けていません)

しこりは2個ですが自分で触ってもよくわかりません。
大きさなど詳しいことも聞いていませんが線維腺腫だからと言われていました。

それが今になって3週間後必ず検査に来てくださいと言われ驚いています。

そこでお伺いしたいのは
・この4年間で妊娠出産もしましたがその間もエコーで見てもらっていました、それでも生検で悪性の可能性はどの程度あるのでしょうか?

・遺伝子検査に該当するとエコーでの判断が危うくなる程リスクが上がるのでしょうか?
生検をする理由が腑に落ちなくてやはり今になって悪性の可能性があるのではと不安です。

・負担の少ない検査と言っていたので細胞診かなと思っていますが、2個とも組織診を申し出るべきでしょうか?(主治医は1個を見せて検査と言っていました)

遺伝子検査は以前、田澤先生にご回答頂き必要ないかと思っていましたが娘もおりますし受けてみようかと思っています。

最後に上記とは別ですが、現在小葉癌ルミナールタイプ、オンコタイプスコア11で治療中です。

この頃右の股関節の違和感やピキッと一瞬痛みが寝返りや体勢を変えた時など気になる時があります。
(歩行時や立ち上がる時は大丈夫です)雪の降った寒い日は外出時の歩行中に軽い痛みも感じました。

・骨の症状は突然痛みとして認識するのではなく、この様な違和感からじわじわと痛みに変わってくるのでしょうか?

この様な質問はたくさんあるのも承知で、ご多忙の中恐縮ですが書かせていただきました。

愚問ばかりで申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは田澤です。

・この4年間で妊娠出産もしましたがその間もエコーで見てもらっていました、それでも生検で悪性の可能性はどの程度あるのでしょうか?
⇒殆どないでしょう。(もしも癌なら「4年間放置」ということになりますが、流石にそれは考えられません)

・遺伝子検査に該当するとエコーでの判断が危うくなる程リスクが上がるのでしょうか?
⇒それは誤りです。
生検をする理由が腑に落ちなくてやはり今になって悪性の可能性があるのではと不安です。

・負担の少ない検査と言っていたので細胞診かなと思っていますが、2個とも組織診を申し出るべきでしょうか?(主治医は1個を見せて検査と言っていました)
⇒細胞診をしても(結局、主義的に稚拙だと)「曖昧な結果となるだけ」なので、
(どうせやるなら)「組織診」をお勧めします。

・骨の症状は突然痛みとして認識するのではなく、この様な違和感からじわじわと痛みに変わってくるのでしょうか?
⇒ホルモン療法の影響でしょう。(確率的には)

 
 

 

質問者様から 【質問5 】

腋窩リンパ節の腫れ
性別:女性
年齢:43
病名:小葉癌
症状:腋窩リンパ節の腫れ
投稿日:2022年3月30日

?現在、右側小葉がん全摘(センチネルリンパ節微小転移)から術後4年が経ちました

半年に一度技師さんのエコー検査を受けていますが今回リンパ節のしこり?腫れ?を指摘されました(表現が間違っていればご容赦ください)

主治医は触ってわかる大きさではない、リンパがこの様に見えている場合がある(画像には楕円形の物がありました)、悪いものには見えないとの事で半年後に再検査となりました
場所は術側乳房の少し横(外側)あたりだそうです
ワクチン接種からは6ヶ月ほど経ちます

・腋窩リンパ節にあたるのでしょうか?
・田澤先生のおっしゃる通り乳腺専門医なら容易に判断できると考え現段階で必要以上に心配する事はないでしょうか?
・また半年後の再エコーで十分でしょうか?
・その間念入りなセルフチェックは必要でしょうか?
セルフチェックに抵抗があり自分で触る事にストレスを感じる為、半年に一度のエコーをお願いしていました

些細な事を質問して申し訳ございません

いつも田澤先生には大変感謝しております
ご多忙中恐縮ですがよろしくお願いいたします

 

田澤先生から 【回答5】

こんにちは田澤です。

半年に一度技師さんのエコー検査を受けていますが今回リンパ節のしこり?腫れ?を指摘されました(表現が間違っていればご容赦ください)

主治医は触ってわかる大きさではない、リンパがこの様に見えている場合がある(画像には楕円形の物がありました)、悪いものには見えないとの事で半年後に再検査となりました
⇒正確に表現すると…

技師エコーの画像を(その主治医は)見ているだけで、「その主治医自身がエコーで確認していない」ということですか?
それであれば、是非「主治医自身にエコーしてもらい、確認」しましょう。(エコーは、それを行った本人でしか判断できないことがあるのです)
ご参考に。

***
再質問をする場合、下記日付以降にしてください。
2022/4/8
***

Scroll Up