Site Overlay

手術後の治療法について

[管理番号:8962]
性別:女性
年齢:37歳
病名:乳癌
症状:
投稿日:2020年10月26日

昨年から仕事の関係でハワイで暮らしています。
一昨年まで日本でマンモグラフィとエコーの検査を受けて異常なし、昨年11月はハワイで触診のみで異常なしとの診断でした。
今年8月末に胸のしこりに気付き、乳がんでした…。

日本語でも理解に苦しむ医療用語が英語で飛び交い(英語話せません)、異国の地で不安だらけです。
インターネットで勉強している時にこの「乳がんプラザ」の田澤先生のQ&Aに出会い、まさに私の参考書です。
ありがとうございます。

先週、右胸温存手術を受けました。
(アメリカは日帰りなんですね?? )今後の治療方法を決めていく段階になりました。
そこで田澤先生のご意見をご教示いただきたくお願いです。

【術後の結果】
INVASIVE DUCTAL CARCINOMA
癌の大きさ 1.8cm
癌グレード 2
ER 99%
PR 99%
HER2 (-)
Ki67 検査対象外
センチネルリンパ節生検 3個中2個が陽性(腋窩リンパ節郭清はしていません)
ステージ1(センチネルリンパ節が陽性だったが変更はないとの事。
術前ステージ1A→1Bになったという事でしょうか)
ちなみにDNA検査の結果はネガティブでした。

●胃や肺に転移がないか今週CT検査となります。
通常このCT検査でリンパ節への転移の有無も分かるのでしょうか。

●担当のドクターはセンチネルリンパ節に陽性があったので、化学療法を勧めています。

私の理解では、センチネルリンパ節が2/3陽性でもオンコタイプDXの検査結果 RSの数値次第(RS≦25)で抗がん剤治療は不要でしたが、あってますでしょうか。
田澤先生のおかげでオンコタイプDXを迷わずオーダーしました。

●肺や胃などに転移がなくリンパ節に転移があった場合、または転移の有無が断定できない場合は、オンコタイプDXでRS≦25であれば、抗がん剤は不要、放射線治療+ホルモン療法で問題ないでしょうか。
加えてリンパ節にも放射線治療が必要でしょうか。
それとも抗がん剤をやるべきでしょうか。

●肺や胃などに転移があった場合は、オンコタイプDXのRSの数値は関係なく、抗がん剤をした方が良いですよね。

●ホルモン療法はTAMOXIFEN に加えて、以前田澤先生が30代後半の方への回答でZOLADEXも併用した方が良いとの事でしたので、この2つになりますか。

●もうすぐ結婚予定で、彼も私も子供を望んでいました。
ドクターから卵子凍結の話もありましたが、彼は私の治療をストップして少しでも再発率が上がったりするくらいなら子供はいらないと言ってくれています。
田澤先生のコメントでは乳がんの治療と妊娠出産は別問題との事ですが、心配になってしまいます。

今後の治療が放射線+ホルモン療法になった場合でも、抗がん剤+放射線+ホルモン療法になった場合でも、妊活のタイミングは
治療を始める前でも2年後とかに治療をストップしてでも、状況としては変わらない=私次第でしょうか。
再発は2~3年後が多いと伺った事があります。
先に治療をした方が良いのでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「ステージ1(センチネルリンパ節が陽性だったが変更はないとの事。
術前ステージ1A→1Bになったという事でしょうか)」

⇒リンパ節転移があってもステージが1というケースは以下しかありません

 リンパ節転移が微小転移だった場合には pT1, pN1mi, pStage1Bとなります。(これ以外でリンパ節転移陽性なのに1期はありません)

「●胃や肺に転移がないか」
⇒胃には乳癌は絶対に転移しません。

 CTを撮影する目的は「肝」や「肺」に遠隔テインがないか?ですね。

「通常このCT検査でリンパ節への転移の有無も分かるのでしょうか。」
⇒CTよりも「寧ろ」超音波でわかります。(超音波でわからないようなリンパ節転移はCTではわかりません)

「●担当のドクターはセンチネルリンパ節に陽性があったので、化学療法を勧めています。」
⇒「古の」教えですね。

 リンパ節転移があることと、抗がん剤の効果があるのか?は、「全く」別の次元の話です。

「私の理解では、センチネルリンパ節が2/3陽性でもオンコタイプDXの検査結果 RSの数値次第(RS≦25)で抗がん剤治療は不要でしたが、あってますでしょうか。」
⇒その通り。

「田澤先生のおかげでオンコタイプDXを迷わずオーダーしました。」
⇒正しい。

「●肺や胃などに転移がなく」
⇒胃には乳癌は転移しません。(しつこいようですが)

「リンパ節に転移があった場合、または転移の有無が断定できない場合は、オンコタイプDXでRS≦25であれば、抗がん剤は不要、放射線治療+ホルモン療法で問題ないでしょうか。」
⇒その通り

「加えてリンパ節にも放射線治療が必要でしょうか。」
⇒不要(微小転移であれば)

「それとも抗がん剤をやるべきでしょうか。」
⇒OncotypeDXの結果に従いましょう。

「●肺や胃などに転移」
⇒胃には転移はありません。(しつこすぎ?)

「オンコタイプDXのRSの数値は関係なく、抗がん剤をした方が良いですよね。」
⇒転移性乳癌の治療は、術後補助療法とは全く異なります。
 再度主治医との相談となります。(抗がん剤ありきでは必ずしもありません。遠隔程度の程度によってさまざまな選択肢がでてきます)

「●ホルモン療法はTAMOXIFEN に加えて、以前田澤先生が30代後半の方への回答でZOLADEXも併用した方が良いとの事でしたので、この2つになりますか。」
⇒その通り。

「今後の治療が放射線+ホルモン療法になった場合でも、抗がん剤+放射線+ホルモン療法になった場合でも、妊活のタイミングは
治療を始める前でも2年後とかに治療をストップしてでも、状況としては変わらない=私次第でしょうか。」

⇒その通り。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

手術後の治療法について
性別:女性
年齢:37
病名:乳がん
症状:
投稿日:2020年11月4日

先日はご回答ありがとうございました。

オンコタイプDXの結果、RS15でした。

私の中で抗がん剤治療は不要という認識でしたが、担当ドクター(周りのドクターとも話されたみたいです)の意見は、センチネルリンパ節2/3、私が40歳以下である事から弱めの抗がん剤治療を勧められました。

プロ(ドクター)にそう言われると、RS15でしたが抗がん剤を受けた方がいいのかな?と不安になってしまいました。
Ki67の数値が検査対象外との事で、ルミナールAかBか分かっていないのも不安材料のひとつです。

田澤先生だったら、私にどのような治療法を提示されますでしょうか。
ご教示お願いいたします。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

RS=15
おめでとうございます。

私は、それらの主治医たちの意見に興味は「全く」ありません。
ホルモン療法(30歳代だから tamoxifen + LH-RHanalog併用)ですね。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

再発防止について
性別:女性
年齢:38
病名:乳がん
症状:
投稿日:2021年1月12日

現在放射線治療25回+ブースト8回の通院中です。

また12月からタモキシフェンの服用と月に1回ゾラデックスを打っています。

私はセンチネルリンパ節の3個中2個陽性でしたが、グレーゾーンとの事で腋窩リンパ節郭清は省略されています。

抗がん剤治療の適応はリンパ節転移の有無ではなく抗がん剤が効くかどうかとの事で、オンコタイプDX RS15の結果、抗がん剤治療はしておりません。

放射線はリンパにも照射しております。

前回のご回答でRS15だから上記治療でOKとおっしゃっていただいていますが、やっぱり再発が怖いです。

田澤先生に伺って良いものか分かりませんが、再発防止目的で超高濃度ビタミンC点滴をしようか悩んでいます。
先生はIVCの事はどうお考えですか。

先日担当医にIVCに興味がある旨伝えたところ、タモキシフェンやゾラデックスの効果に良くない影響(可能性)があるためやらない方が良いと言われてしまいました。
放射線ドクターには、高いお金を払ってもすぐに尿で出ちゃうからやめなさいって言われました。

中には再発予防で通院されている方もいるようなのですが、現在の標準治療に悪影響を与えてしまうのでしょうか。

よかれと思ってやって逆効果は避けたいです…

田澤先生のご意見伺えたら幸いです。

よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは田澤です。

「先生はIVCの事はどうお考えですか。」
⇒どうとも考えません(無害だと思います。)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
48+
Scroll Up