Site Overlay

3月3日(木)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ホルモン療法の副作用について   [管理番号:10127]
乳がんと診断され、不安な日々ですが、先生のサイトで勉強させて頂いています。

私は1月末に乳がんと診断され、3月14日に手術予定です。

それまで無治療になるのが怖く、ノルバデックスを服用しています。

服用してから1ヶ月です。

それまでは寝汗などの副作用はありましたが、昨日夜、腰痛、両足付け根、両足膝、太もも、ふくらはぎが、痛み、だるく、しばらく動けませんでした。

一夜明け今はマシになっています。

これは、ホルモン療法による副作用なのでしょうか?
副作用は、たった1ヶ月で、一気に出る事もあるのでしょうか?
手術もまだなので、もしかして骨転移ではと不安になっております。

ちなみに、2月初旬に骨シンチの検査をしています。

検査から1ヶ月で骨転移の可能性もありますか?
■病名:乳がん
<女性47歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法の副作用について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

MRIでの広がりについて   [管理番号:9490]
昨年末、左胸に1センチ程度のしこりがあることに気がつき、検査を受けたところ乳管内乳頭腫とDCISが併発していました。

その後、術前検査でMRI検査を受けましたが、右胸と比較して、しこりがある左外側四分の一程度に広がりがあるように見えなくもない、との検査結果で、エコー、マンモグラフィーではしこりがある箇所以外に気になる所見はないとのことでした。

エコー検査では、乳腺症の所見は確認できていたので、MRIでの広がりに見えるところが、DCISなのか、乳腺症なのか、画像だけでは判断がつかない状態だったそうです。

そこで、しこりのある箇所の周りを2センチと少し多めに切って、断片陽性であれば、全摘手術をするという方針になりました。

そして、術後の病理検査の結果、DCISは低異形度で、断片陰性でしたので、そのまま放射線治療を受けることになりました。

断片にDCISの成分はありませんでしたが、端部分に乳頭腫の成分はあったようです。

現在、すべての治療が終わり、あとは経過観察でいいと言われましたが、このような治療で良かったのか、今更ながらに不安に感じています。

不安に感じる要因としては、術前にCT検査などの全身検査までは受けていなかったこと、MRIで広がりが完全にないとは言い切れなかったことが挙げられます。

このような状況において、先生から何か診察方針につき、ご意見ありますでしょうか。
■病名:DCISと乳管内乳頭腫
<女性26歳> ……【詳しく読む】MRIでの広がりについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

首の横のリンパ節   [管理番号:10126]
8年前に乳癌ステージ1でした。
浸潤が5ミリです。

脇にも転移はなくホルモン治療を続けています。

ここ1週間くらいで手術側の首の横を触っていたところぷにっと2箇所ほどリンパ節?に触れました。

首の横の真ん中くらいと、首の下の方です。

真ん中くらいのリンパはずっと前からある感じです。

そこはエコーで見てもらったことがありますが、リンパ節です。とのことでした。

もう一つ下の方に触れるようになったのは最近ここ1週間くらいです。

じつは、2週間ほど前にコロナになって喉が猛烈に痛かったんです。
まだ咳が残っていますが。

風邪などひいても首の横のリンパ節ってはれますか?
<女性45歳> ……【詳しく読む】首の横のリンパ節

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん検診の頻度について   [管理番号:10125]
その節はありがとうございました。

現在は通常の乳がん検診として先生にエコーをしていただいており、次回半年後に来てくださいと言っていただきました。

その時に確認すればよかったのですが。

半年ごとにチェックするということは何か気になる部分があるのでしょうか?
私としては半年ごとに先生にみていただけるのは安心ですがふと気になりました。
■病名:乳腺症
■症状:乳房通、乳頭分泌、胸のしこり
<女性37歳> ……【詳しく読む】乳がん検診の頻度について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up