Site Overlay

8月30日(月)② 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

人間ドックでの検査   [管理番号:9670]
人間ドックで、エコー検査と触診をうけました。

エコー検査で、左の脇の下にしこりがある。
ワクチン受けた?などと聞かれました。

ワクチンは未接種です。

そのほかにもリンパ腫れやすい?などと質問を受けて、がんの可能性があるってことですか?ときくと、年齢的にも乳房的にも問題はないけど、脇の下にこりこりがあるのはたしか。
あるものはこちらも書かないとなので。
と言われ終わりました。

その後触診検査があり、問題ないですといわれました。

エコーの時脇にしこりがあると言われたと伝えたら、副乳とかあるから、画像も含め結果はでるけど触診は大丈夫でしたよ。
といわれました。

過去の質問を見ると、脇のリンパ?はエコーで見分けられるとおっしゃってましたが、これは至急精密検査をうけるべきでしょうか。
■病名:乳がん、脇のしこり
■症状:脇のしこり
<女性33歳> ……【詳しく読む】人間ドックでの検査

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン治療中の婦人科検診について   [管理番号:9669]
2016年 ステージ3、ルミナールB乳がん
抗がん剤、手術→現在ホルモン治療中です。

(タモキシフェン、ゾラデックス)

質問
術後5年経ちますが、一度も婦人科の検査を受けていません。

①上記ホルモン治療中は、体癌になる確率が高くなるので検査が必要という認識で宜しいですか?

②5年受けていませんが、やはり婦人科検診は必ずするべきでしょうか?
その際は体癌の検査をお願いすれば良いですか?
■病名:乳がん
<女性35歳> ……【詳しく読む】ホルモン治療中の婦人科検診について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳房内に2つの癌 全摘が最善の治療法か   [管理番号:9668]
左乳房に8ミリの浸潤性小葉癌と、5センチに浅く広がった乳管癌があり、全摘出後に乳房再建予定。
摘出範囲が広いことから温存は難しく、仮に温存したとしても満足できる整容性は保てないとのこと。
全摘に対し恐怖と不安があり、情報をネットで調べると自由診療で温存できる治療方が気になります。
頭では全摘が最善だと理解していますが、心の中では自分に都合のいい治療法を探してしまいます。
先生はどんな治療法を選択されますか?
ER+、PgR+.HER2score1.ki67 5ー10%
術後の治療はホルモン療法のみの予定。
<女性51歳> ……【詳しく読む】乳房内に2つの癌 全摘が最善の治療法か

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤がんについて   [管理番号:9667]
①非浸潤がんにもグレードがあることを最近知りました。
今からでも聞いた方がいいでしょうか。
グレードは必ず出ているものなのでしょうか。

②マンモで見つかる非浸潤がんとエコーで見つかる非浸潤がんでは性質に違いがあるのでしょうか。
(マンモで見つかる=石灰化=コメド、エコー=非コメドでしょうか)
③針生検のときに「硬くてなかなか刺さらない」と苦労されていました。
こういう場合は、硬いのは乳管なのでしょうか、腫瘍なのでしょうか。
硬癌と関係ありますか。

④針生検では2回吸引したようですが、多少なりとも腫瘍の大きさに影響はあるのでしょうか。

⑤MRIでは乳管内で広がっているようですが、白く映るのはすべてがんなのでしょうか、
良性あるいは微妙な病変も白く映りますか。
■病名:乳がん
<女性54歳> ……【詳しく読む】非浸潤がんについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

血性乳頭分泌物   [管理番号:9666]
8年程前より、両側多孔性の分泌物があり、年に一回、経過観察として乳腺外科を受診しています。

今年の3月頃から、左側の3、4箇所分泌のある一つの孔から、茶色い血性の混ざったような色に変化し(それまでは薄い黄色でした)乳腺外科を受診しました。

マンモとエコーで異常無し、医師の触診時には、摘んでも分泌がなかった為、それ以上の検査はしていません。

摘んでも、乳頭が硬くなっている時には分泌が出ないこともあります。
しかし、ここ何日か茶色い分泌が濃くなっています。

自然に下着に付くようなことはありません。

両側多孔性で、左右それぞれ3、4箇所から分泌物がありますが、血液混じりの分泌が出る孔はいつも同じです。

この5ヶ月間、2週間程血性→薄くなり黄色い分泌になる→また血性が出る。
を繰り返しております。

両側多孔性なことから、乳腺症による出血と考えてよろしいでしょうか?
それとも、乳管造影対象の症状でしょうか?
■症状:血性乳頭分泌物
<女性43歳> ……【詳しく読む】血性乳頭分泌物

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up