Site Overlay

8月25日(水)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

病理結果について   [管理番号:9661]
先日乳がんの温存手術を受け、以下の病理結果が出ました。

浸潤径1.8?乳管内進展巣1.8cm
リンパ転移(センチネル1/4,レベル1 0/7)
核グレード3(nuclear atypia2点,mitotic counts3点)
組織グレード3(tubule formation3,mitotic counts3)
ステージ2a
pT1cN1
MIB-1index:50%以上,計測値:40%

①腫瘍は1.8cmですが、そのまわりに1.8cmも広がっていたことが気になっています。
このくらいの腫瘍の大きさでこのくらいの広がりはどう捉えたらよいのでしょうか。
リンパ転移が一つあるので広がりがあるのは仕方ないと思うのですが、かなり広がっているようにも思えて心配です。
予後にも関係してくるでしょうか。
■病名:乳がん
■症状:しこり
<女性42歳> ……【詳しく読む】病理結果について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療について   [管理番号:9660]
ご相談したいのは、
①局所手術より、全摘した方が、再発率が下がるのでしょうか。

また、そのときに、乳房の同時再建も希望しようと思いますが、
体の負担や再発に関してのデメリットはありますでしょうか。

また、近くに県立がんセンター(○○県)がありまして、重粒子線による乳がん治療の臨床試験も行っているようです。
(臨床試験段階なので、費用は病院もちで、千葉まで治療にいかなくてはならない)
手術もやはり、体には負担がかかるため(コロナもあるので)、治療条件に該当するならば、積極的に受けた方がよいのでしょうか。

②治療とはズレますが、食生活についてです。

牛乳と乳がんの関係があまり好ましくないという意見がありますが、田澤先生はどのようなお考えをおもちですか?
(当方、小学校教員なもので、給食に毎日牛乳が出ます。
豆乳に変えた方がリスクは減らせるでしょうか。)
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性40歳> ……【詳しく読む】治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤の回数にいて   [管理番号:9659]
6月より、化学療法(ドセタキセル、エンドキサン)+ハーセプチンを開始。
3回目の途中で、発疹がひどく皮膚科で蕁麻疹様血管炎と言われ飲み薬や塗り薬で治療しました。
皮膚科の先生からは抗がん剤の影響も考えられるので、今後も発疹が出る可能性があると言われました。
今もときどき出ます。
先日の4回目は、事前に、主治医から4回目をやるかやらないか聞かれました。
私が開始前から抗がん剤による副作用を心配していたので、発疹を期にやめたければやめてもよい、副作用が気になるなら無理して続けなくてよいという意味だと思います。
私としては最後の4回目だからやると答えました。
が、血液検査の結果、無理してやる数値ではないとのことで(白血球高く11,000)、中止になりました。
その時「1週間後、様子を見て可能な場合は、化学療法はもうやめて、ハーセプチンのみ行いましょう(ハーセプチンは続けた方が良い)」と言われました。
私は様子を見て、4回目の化学療法も行うのかと思っていましたので、ハーセプチンのみになるのは意外でしたが、自分でも身体が付いていけるか心配だったので、それに同意しました。

質問① 田澤先生なら、この場合、どう判断されますか?
質問② 化学療法を3回でやめた場合、効果は得られないのでしょうか?少なくとも3回分の効果はあるのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性56歳> ……【詳しく読む】抗がん剤の回数にいて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肋骨転移について   [管理番号:9658]
乳癌術後5年程で肋骨転移が判明しました。
他にも背骨と腰にも転移があるのですが、痛みを伴うのは肋骨だけです。

転移の範囲が広く、1本だけなのですが、背中から乳房下にかけて、丁度カタカナのノの字を書いたような感じでした。

肋骨の場合、下に肺があるので放射線は出来ないと言われました。

けれども、私は全摘で、リンパ節転移が多かった為、放射線治療も受けました。
胸の下も肺ですよね?肺が火傷する場合もあるとは仰ってた気はしますが…

本当に肋骨には放射線照射出来ないのでしょうか?
今はフェントステープ+ロキソプロフェンで痛みを和らげてます。
■病名:乳癌
<女性55歳> ……【詳しく読む】肋骨転移について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

BRCAについて   [管理番号:9657]
トリプルネガティブ乳癌でBRCAの検査をしたところ陰性でした。

遺伝性ではないことに安堵はしていますが、再発した時に、使える薬が減るということはマイナスになるのでしょうか?
陰性なので逆にトリネガにとっては治療法(薬剤)が限られてくるということはリムパーザが使えないので抗がん剤しかないということでしょうか?
■病名:乳癌
<女性44歳> ……【詳しく読む】BRCAについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up