Site Overlay

6月1日(火)③ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

Ki67   [管理番号:9428]
3年前に乳がんに罹患して、ルミナールAと診断され、タモフェキシンを服用しております。

Ki67が15%で、浸潤径1.7CM(リンパ転移なし)、同じ乳がん罹患者の方で、同じ浸潤径の大きさ(リンパ転移なし)、ホルモン依存の物で、Ki67が50%あり、抗がん剤もされた方がいますが、同じ浸潤径の大きさ(顕微鏡で)なのに、治療が違うのはどうしてでしょうか?いまだにKI67の意味がわかりません。
血行転移があるかないかといことなのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性45歳> ……【詳しく読む】KI67

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

タモキシフェン.アリミデックス服用後体重減少   [管理番号:9427]
6年前に乳房温存手術をして、タモキシフェン2年半アリミデックス2年半の5年間服用して1年前に終了しました。
それからどんどん体重が減りはじめたので、心配になり、色々な検査をしましたが異常なしでした。

思いあたるのはアリミデックスをやめた事で女性ホルモンの変化で体重が減ったのではないかと思ってしまうのですが、そのような事は、実際にあるのでしょうか?それともまったく関係ないのでしょうか?
■病名:乳ガン
<女性55歳> ……【詳しく読む】タモキシフェン.アリミデックス服用後体重減少

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭分泌細胞診の結果について   [管理番号:9426]
初めて分泌があった時に、分泌物をプレートに取って細胞診をしましたが(こちらのQ&Aを見ると意味のない検査のようですが)、結果はclassⅡだったので、経過観察になっています。

今回、マンモで出血し、その後のエコー中にも出血があったので、その色(黒っぽい血液)を見て、先生が「色が気になるから細胞診しよう」とおっしゃって、結果はclassⅢ aで良性の腫瘍との事でした。

そこで質問なのですが、エコーやマンモで映らない良性の腫瘍はあるのでしょうか?
血性分泌を伴う良性の腫瘍=乳管内乳頭腫という事でしょうか?
詳しく聞きそびれてしまい、家に帰ってから、疑問を持ちました。

また、今回左側にはカテゴリー3の石灰化が見つかりました。

2年前と比べると少し増えているので、こちらも注意が必要との事。

マンモを受けた時は、1年前には無かったと言われましたが、細胞診の結果を聞きに行った時に、小さくて気づかなかったけど、2年前からあって、今回は少し増えているという状態です。

右も左もグレーゾーンで、3ヶ月後にまたエコー、マンモと乳頭分泌の細胞診の予定です。

私としては、グレーのまま無駄に経過観察せずに、白黒はっきりさせたいと思っています。

田澤先生に診て頂きたいと思っておりますが、マンモトームや乳管造影の対象になりますか?
■症状:血性乳頭分泌、カテゴリー3の石灰化
<女性43歳> ……【詳しく読む】乳頭分泌細胞診の結果について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

マンモトーム生検結果   [管理番号:9425]
微小円形石灰化 集簇性で再検査し、マンモトームをしました。

結果が、閉塞性腺症、一部には乳管過形成とcollagnous
spherulosisを認めています。
上皮に異形は乏しく二相性も保持されています。
乳腺症として矛盾しない像です。

とありましたが、経過観察でいいのですか?とても不安です。
■病名:微小円形石灰化
<女性43歳> ……【詳しく読む】マンモトーム生検結果

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん術後肝転移の治療について   [管理番号:9424]
多発性肝転移と診断されました。

今後の治療方針は抗がん剤治療になります。

腫瘍内科の先生に下記の抗がん剤を勧められました。

1、タキソール+分子標的薬アバスチンを毎週×3、1週間休みと
また参加できれば治験薬として免疫治療のテセントリクを2週毎に投与
2、AC3週毎
ここで質問したいですが
田澤先生ならどのように治療していただけますか?
標準治療以外の先進医療などはございますか?
■病名:肝転移
<女性53歳> ……【詳しく読む】乳がん術後肝転移の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up