Site Overlay

4月19日(月)② 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

両側乳がん、オンコタイプDX、追加切除   [管理番号:9292]
右非浸潤性乳管癌
浸潤径0cm
進展範囲5.5×5cm
核グレードNA2 MC1 NG1 TF-
脈管侵襲Ly0 V0
断端陽性 乳頭側#1 深部側#11 末梢側#18
UICC pTis

3/(下旬)右追加切除

左浸潤性乳管癌に関しては、針生検時の結果、ホルモン受容体エストロゲン陽性、プロゲステロン陽性、K i-67 2.1%でした。

担当医からは、当初費用対効果から勧めないと言われましたが、オンコタイプDXを希望し、現在結果待ちです。

その際、再発スコア14以下の場合でも、閉経前の場合、化学療法上乗せ効果が3.6%?あると言われました。

ただ、化学療法の卵巣機能抑制が意味があるので、ホルモン剤の注射(リュープリン?)併用で化学療法と同じ効果を見込めるとのことで、こちらを勧められています。

3%超は、私にとっては大きい数値なので、必要ならば化学療法をする覚悟ですが、しなくても注射併用のホルモン療法で同じ効果ならば、そちらの方が良いのか?と考えています。

結果は4/(上旬)ですので、仮定の話になりますが、もし、この状況で再発スコア14以下と出た場合、先生は注射併用のホルモン療法を勧めますか?化学療法はしなくて良いでしょうか?

また、右側に関しては、追加切除の病理結果断端陰性ならば、放射線治療と言われていますが、それで良いでしょうか?
(こちらも病理結果は4/(上旬)です)

仮定の話で申し訳ありませんが、わかる範囲で教えてください。
■病名:左浸潤性乳管癌、右非浸潤性乳管癌
<女性45歳> ……【詳しく読む】両側乳がん、オンコタイプDX、追加切除

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療とオンコタイプについて   [管理番号:9323]
今後の治療について、オンコタイプを勧められ受けようと思います。
お聞きしたかったのは、
①担当の先生の話では、オンコタイプを受ける際に11個全部送ることはできないため大きいもの2つを調べてもらう、ki67が26%だった腫瘍は3x2㎜だったので出さないとのことでした。

全ての腫瘍を調べてもらわなくても、そしてki67の値が悪かった腫瘍を調べてもらわなくても結果は同じなのでしょうか?
②オンコタイプの結果が化学療法の明らかな上乗せ効果なし、だったとしてもホルモン療法に加えて内服の抗がん剤を2年間飲んだほうがいいと思う、と言われました。
閉経前・リンパ節転移ありのHR陽性患者の術後補助療法では化学療法の上乗せが有効という記事を見たので、当てはまるのかなと思うのですが、田澤先生のご意見をお聞かせください。
■病名:乳癌
<女性50歳> ……【詳しく読む】術後の治療とオンコタイプについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

カテゴリー3 不明瞭集簇性石灰化   [管理番号:9322]
一年半前の健康診断で不明瞭集簇性石灰化、要検査との結果が出た為、すぐに乳腺クリニックを受診しました。

その時、マンモとエコーと触診をしてもらい、医師からはカテゴリー3の石灰化だが、マンモで癌の影は見当たらず、エコーにも何も映らないし、シコリも確認できない為、半年ごと経過観察しましょうと言われ、その後、そのまま半年ごとに検査をしてきて現在に至ります。

最近、こちらのサイトのことを知人から聞き、田澤先生のお話を見ているうちに、ステレオガイド下マンモトームをした方が良いのではと考え、クリニックの医師に相談しました。
が、一年半経過を見てきてマンモ上変化がなく、恐らく、ステレオガイド下マンモトームを実施している病院へ紹介状を出しても、これだけ変化がなければ、同じ意見になるだろうとの事で、紹介状を出し渋られてしまいました。

一年半経過して変化がなくても、やはり今からでもステレオガイド下マンモトームを実施している病院を訪ね直した方が良いのでしょうか?
■病名:集簇性石灰化
<女性38歳> ……【詳しく読む】カテゴリー3 不明瞭集簇性石灰化

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療で10%の生存率アップに関して   [管理番号:9321]
浸潤性小葉癌 ステージⅡAです。

大きさは 6.5cm (浸潤径 2.6cm)
3月(中旬)日に術前加療なしで部分切除の手術を受けました。

リンパへの転移:ネガティブ
脈管浸潤 ネガティブ
サブタイプ:ルミナルタイプ

ホルモン受容体は
エストロゲン受容体 90% Allred Score 8
プロゲステロン受容体 15% Allred Score 6

Her2   なし
Ki67  26%の進行度です。

4/(中旬)に化学療法の先生から
AO療法 アンスラサイクリン剤を3週間に1回で計4回 を提案されました。

担当の執刀医から提案されたタキサン系は、
化学療法の先生からはあまり効果が無いともいわれました。

現時点では5年後の生存率75%
AOの化学療法で10%の増加で85%と言われました。

しかし副作用で髪の毛が100%完全に抜けることや、
その他の副作用で社会生活がまともに送れるかどうかの大きな不安があります。
■病名:浸潤性小葉癌
<女性55歳> ……【詳しく読む】抗がん剤治療で10%の生存率アップに関して

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

悪性葉状腫瘍の治療について   [管理番号:9311]
〇放射線科医からは術後の変化と言われていますが、炎症などで硬く触れることはあるのでしょうか?
〇術後1ヶ月半ほどですが、再発している可能性はありますか?
〇放射線治療を中断して全摘した方がいいのでしょうか?もしも放射線を中断して全摘を行うなら、放射線ストップからどのくらい期間を開けなければなりませんか?
〇田澤先生なら、この先のことを考えて、このまま放射線を続けるべきか、全摘をするべきかどちらが最善だと思われますか?
■病名:悪性葉状腫瘍
■症状:乳房痛
<女性19歳> ……【詳しく読む】悪性葉状腫瘍の治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左胸の痛み しこり   [管理番号:9320]
去年の12月に左胸の痛みとしこり、違和感を感じ乳腺外科を受診しました。

マンモとエコー検査をしたところ、両胸に石灰化は見られたが心配ない。
また1年後経過観察でよいと言われました。
しかし、何度も左胸の下をエコーで見られ、エコー後に技師の方にその部分を触診され、痛みがないか聞かれたことが引っ掛かり、翌日電話で問い合わせしてみました。
技師の方によると、
◯しこりは有るが、悪いものではない。

◯授乳経験が有るか聞かれ独身のため無いことを伝えると、妊娠されたことがない人でも、しこりが有る人が多い。
<女性35歳> ……【詳しく読む】左胸の痛み しこり

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up