Site Overlay

4月19日(月)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

妻が健康診断の超音波検査で乳腺腫瘤疑いと診断されました   [管理番号:9319]
妻が3月に健診のオプションの乳房超音波検査で、「乳腺腫瘤 疑い」と診断されました。

コメントで「右上外側に5mm弱のやや不整な低エコー域を認めます。
前回みとめない新所見ですので精密検査をお受けください。
CD-Rと紹介状を作成いたしましたのでお持ちになって乳腺外科を受診してください。」とのことです。

前回の超音波検査は2年前です。

精密検査は受ける予定にしておりますが、妻が非常に心配しており、精神的に参ってしまっている状態です。
記載させて頂いた内容からすると、乳がんの可能性はどうなのでしょうか・・・?
精密検査を受けてみたいと何とも言えない、ということかも知れませんが。

ご助言を頂ければ助かります。
■病名:乳腺腫瘤 疑い
■症状:触ってもしこりなどの感触は無し
<女性42歳> ……【詳しく読む】妻が健康診断の超音波検査で乳腺腫瘤疑いと診断されました

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

細胞診クラスIIIの診断   [管理番号:9293]
昨年11月にエコー検査にて乳腺嚢胞15ミリ~20ミリという診断で経過観察でしたが、先日左胸にシコリを見つけました。
丸いというより楕円形的なものに感じました。
近所のかかりつけ医にいき、11月のドックの検査のCDロムを持参し、再度エコーを撮ったところ、ドックの時の嚢胞とシコリの場所は同じところとの事でした。
細胞診をし、水らしきものを抜き、検査へ回されました。

結果はクラスIIIで、aやbとの記入はありません。
塗抹標本はクラス
Ⅰで血液成分となっていて、もう一つの?には、「N/C比の高い小型細胞が孤立散在性的に見られる」や「核偏在性」という文言がが書かれていて、鑑別不明とありました。

大きい病院を紹介されましたが、診察は中旬です。

何をしていても辛く、涙ばかりが出てしまいます。

やはり、癌である可能性は高いのでしょうか?
■病名:乳腺嚢胞
■症状:シコリ
<女性44歳> ……【詳しく読む】細胞診クラスIIIの診断

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールBタイプ(ホルモン受容体陽性、HER2陰性)抗がん剤治療をするべきか?   [管理番号:9318]
リンパ管侵襲Ly0 静脈侵襲V0 組織学的グレードⅡ
腺管形成スコア2 核異型スコア2 核分裂像スコア2
核分裂像の数13/10HPF(400?)(接眼レンズ視野数22)
ER.3b PgR2 HER2陰性 Ki67 35.4%
1.5cm台の腫瘤、腋窩リンパ節転移あり
初診時よりリンパ節が複数個塊になっており、腫瘤の倍位のサイズがあると言われていました。
主治医は何かあると言っていました。
それが何なのか、どういう意味なのか、怖くて聞けませんでした。
抗がん剤治療を勧められましたがホルモン受容体陽性の事もあり、まずホルモン療法を希望しました。
レトロゾールを半年服用しましたが、腫瘤のサイズが1.9cmになり、5月に手術をする事になりました。

術後の放射線と抗がん剤治療を勧められています。

私の場合、抗がん剤は再発までの時間稼ぎの様な気がして、どうしても抗がん剤治療の決心がつきません。
■病名:乳癌
■症状:腋窩リンパ節の腫れ
<女性58歳> ……【詳しく読む】ルミナールBタイプ(ホルモン受容体陽性、HER2陰性)抗がん剤治療をするべきか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肺転移の可能性   [管理番号:9317]
乳がん治療中の者です。
ステージ1、2月温存手術後、今日から放射線治療に入りました。
オンコタイプはスコア17で遠隔転移率は5%と低かったので安心していました。

が、放射線を始める前に診察がありまして放射線医とのお話で、
先週位置決めのために撮ったCTで肺に1センチほどの影があると言われました。

聞いた瞬間頭から血の気が引きました。

乳がんの転移、肺がんの可能性は低いとは言われましたが不安が拭えません。

もともと数年前から小結節を指摘されていて他病院でフォローを受けていたのですが、2年ほど経って大きさに変化なし、と言うことでフォローは終わったのですが、それなのか?
ただ、なんとなく素人のわたしが見る感じ場所が違うような気もしますし.
とにかく不安です。

何かご意見頂けましたら幸いです
■病名:乳がん
■症状:肺の影
<女性40歳> ……【詳しく読む】肺転移の可能性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療方針について   [管理番号:9316]
3月半ばにガンがわかり、本日、様々な検査の結果が揃い治療方針が示されました。

病期:ⅡA 大きさ:3.5cm
リンパ転移なし 浸潤がん
HER2タイプ
グレード3
Ki67:20~30
?術前EC療法3週毎×4→DTX+HER+PER3週毎×4→手術(温存)→HER+PER3週毎×14
もしくはカドサライ1年間 放射線治療
(質問)こちらで、術前化学療法は乳房温存希望の時のみとおっしゃってるのを承知しております。
一度は全摘を覚悟しましたがゆらいでおります。
田澤先生はこの治療の方針は妥当だと思われますでしょうか?
また、田澤先生ならどのような治療方針を示されますか?よろしくお願いいたします。
■病名:乳癌(左)
<女性52歳> ……【詳しく読む】治療方針について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up