Site Overlay

11月9日(月)② 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

HER2陽性   [管理番号:5051]
乳がんと診断されてから毎日泣いており、食欲も何をするのも無気力です。
針生検で、HER2陽性と診断されたのですが、オンコタイプDXをしても無駄でしょうか?抗がん剤に精神的に負けそうです。
抗がん剤をすると、閉経になる確率はどのくらいでしょうか?
7月(上旬)日に手術をするのですが、センチネルリンパ節で、転移が見つかれば全てとってもらっていいのでしょうか?
針生検でのしこりの大きさは8ミリでした。
術後の結果でまたご相談させて頂いてよろしいでしょうか?
■病名:乳癌
■症状:検診結果について
<女性:37歳> ……【詳しく読む】HER2陽性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳がん   [管理番号:8924]
今回田澤先生にお伺いしたい事は。

①トリプルネガティブ、増殖高ですが、シコリに気付いて手術までに1月半近く空いてしまいますが、進行してしまう可能性は高いでしょうか?遺伝性の検査をしてしまい2週間程、手術の期間が延びてしまった事を後悔しております。

②初診のエコーで12mmから2週間後のMRIで20mm無い位と言われましたが、8mmも大きくなったとの事ではなく機械の測定での誤差だと認識していいのでしょうか?

③画像診断で温存可能ですと言われて、いざ手術したら広がりが大きく全摘になってしまう可能性は、あるのでしょうか?
命が優先である事は間違いないので、全摘でも構わないと思ってはおりますが。

④遺伝性乳がんの結果、陽性の場合、抗癌剤が効きにくいとの記述をネットで見てしまったのですが。
実際はどぉですか?

⑤画像診断では、リンパへの転移所見は無しとの事でしたが、センチネンタル生検時に転移有りの可能性は低いでしょうか?

⑥手術後の病理検査で浸潤径が今の20mmより大きくなる事は多いのですか?
担当の医師はMRIの画像を見てツルッとしてて広がってる感じはしないとは言われていましたが。
■病名:乳癌 浸潤生乳管癌
<女性:36歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ乳がん

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オカルト乳がんによるリンパ節転移   [管理番号:8972]
10月の検診で、乳房・乳腺には異常所見はないが、腋窩のリンパの一つに5センチ弱の腫れがあり、それ以外にも複数リンプ節が腫れているとのことで、「乳がん、肺がん、悪性リンパ腫」の可能性あるとのことで、血液検査、CT(胸部)、組織診を行いました。

その結果、「肺と肝臓に異常なし(CTより)」、「腫瘍マーカー異常なし」、「浸潤性乳管がんの転移疑い:ER(+:>80%)、PrG-、HER2(3+)、KRI 67(40~50%)(組織診より)」との判定となりました。
現在、追加でMRIと骨シンチを行い、その結果を次週お伺いする予定となっております。
いわゆる「オカルト乳がん」とのご説明を主治医の先生からいただいております。

現時点では、今後、抗がん剤治療(タキソテール、カルポプラチン )、抗HER2療法
(ハーセプチン、パージッタ )、手術、放射線療法、ホルモン療法を組み合わせる予定です。
■病名:乳がん(浸潤生乳管がん、オカルト乳がん)
■症状:腋窩のリンパの腫れ(複数)
<女性:50歳> ……【詳しく読む】オカルト乳がんによるリンパ節転移

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up