Site Overlay

6月4日(木)③ 3件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

肺再発転移?   [管理番号:8279]
●今回の経緯
2019年12月 造影CT (右肺中葉に2カ所結節)
2019年1月  PETCT (右肺上葉?中葉?に一カ所5ミリ、中葉に一カ所3ミリ 肺以外臓器転移なし)
2019年2月  肺 造影CT (結果待ち)
結果次第で、肺の中葉全部切除か上葉と中葉の両方の部分切除かが決まります(胸腔鏡手術)
手術を担当してくださる呼吸器科の先生は初発の肺癌の可能性は低く、乳がんからの転移だろうとのことです。

この4年間恐れていた転移が目の前に突きつけられ絶望感で一杯です。

田澤先生に質問です。

①遠隔転移の場合の予後悪いと聞きます。
5年生存率3-4割のようです。
一般的にあと何年元気に日常を送れますか。

②10年元気でがんと共存されている方はいらっしゃいますか。

③転移再発の場合の治療は、手術ではなく抗癌剤と放射線と聞いたことがあります。
私の場合、肺の切除手術は必要ですか?
④肺の術式、胸腔鏡手術は一般的でしょうか
⑤抗癌剤治療は今後ずっと続きますか。
(初発の時は3ヶ月で終わりましたが転移の場合は?)
■病名:乳がん肺転移
<女性:49歳> ……【詳しく読む】肺再発転移?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

皮膚の膨らみ   [管理番号:8600/5965]
1年8ヶ月前左皮下乳腺全摘自家組織同時再建が経ちましたが
術後皮膚壊死、部分切除しましたがケロイド、皮膚が部分的白っぽく薄くなったような気がして今に至ります。

ケロイドと皮膚状態ばこのままなのでしょうか?
昨日、傷口の下の方に膨らみがあるのを見つけました。
さわった感じは痛みもなく赤みもありません。
鏡で上半身を診るとやはり右側は無く左側にあります。

この膨らみは何でしょうか?再発、転移でしょうか。
<女性:46歳> ……【詳しく読む】皮膚の膨らみ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

断端陽性の放射線治療について   [管理番号:8599]
一番気になっているのが、断端陽性です。

主治医は非浸潤性で小さくて1箇所だけだから、放射線で対応可能。
再手術は必要ないとおっしゃってます。

ただ、小葉癌は画像に映りにくいため、残った胸に他にエコーにも映らないがん細胞があるのでは?と考えると、不安になります。

そこでお聞きしたいのですが、
①この状況では、先生は再手術なしと判断されますか?
②再手術しない場合、今のドセタキセル+ハーセプチンと放射線治療で、残っているかもしれないがん細胞を無くせるのでしょうか。
■病名:浸潤性小葉癌
<女性:49歳> ……【詳しく読む】断端陽性の放射線治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up