Site Overlay

2月18日(火)④ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ホルモンの乱れによる、乳房・リンパ節周辺の痛みの対処方法について   [管理番号:8177]
マンモトーム生検を受け、乳癌の診断。

病理組織検査報告書は、
充実型が優位な浸潤性乳管癌の所見。

Ki-67標準率14%
ER陽性90%
PR陽性90%
HER2陰性(1+)
のみの報告でした。

質問になりますが、乳房・リンパの痛みはホルモンの乱れによるものとで余計な心配はしないようにはしていますが、痛みが気になる時には鎮痛剤を飲んでもよいのでしょうか?
また、痛みを軽減させるよい方法はなにかありますでしょうか?
■症状:乳房、リンパ節周辺の痛み
<女性:43歳> ……【詳しく読む】ホルモンの乱れによる、乳房・リンパ節周辺の痛みの対処方法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術をします。   [管理番号:8302]
部分切除とリンパ節検査手術を3/(上旬)受けます。

今年に入ってから腕の付け根あたりが筋肉通のようになります。

主治医からは、部分切除で放射線科治療をすれば大丈夫。

とは言われましたが、本当に非浸潤癌なのでしょうか。

当日結果が悪くて全摘にかわる可能性もありますか?

私はお酒をのみます。
(ストレスなどで、1日の基準より多く飲んでしまうことが2年ほど続きました。)
これも石灰化・癌の原因になりますか。
■病名:非浸潤ガン
■症状:リンパ節のあたりの痛み
<女性:50歳> ……【詳しく読む】手術をします。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右乳首のかゆみ   [管理番号:8301]
2週間程度前から、突然右の乳首がかゆくなることがあり、現在も続いております。
症状としては、右の乳首かただ痒く、心なしか乳頭部分が以前よりもやや大きなっているように思われます。
■症状:右乳首のかゆみ、乳頭の若干の膨らみ
<男性:20歳> ……【詳しく読む】右乳首のかゆみ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤がんの全摘後のホルモン治療について   [管理番号:8245]
昨年の11月に右側乳房に12mmのしこりが見つかって、結果乳がんという事で手術で全摘しました。

病理結果は非浸潤がんで、しこりは全部で5つあった様です。

温存の可能性もありましたが、再発が怖いので全摘を選び、主治医にも結果的に正解でしたねと言われました。

ただ術後の治療について、こちらの病院は非浸潤がんで全摘でもホルモン療法を勧めるとありました。

理由は「対側乳房の乳がん予防」と「万が一、浸潤していた場合を考えて」というものです。

対側云々については、こちらで勉強しておりましたので気にはならなかったのですが、後者がやはり心配です。

加えて私の核異形度がグレード3だった事も気になるので、と言われております。

試しにと思って、タモキシフェンを一週間飲みましたが、のぼせと激しい抑うつ状態に耐えきれず休薬を申し出ました。

がんで死ぬ前に鬱で死ぬんじゃないかという位辛かったです。

このまま中止して、万が一浸潤だったら……万が一再発や対側に乳がんが出来たらもっと辛い治療になるかも知れないし、ここで頑張っておく方がいいのか……悩んでおります。

①先生は非浸潤で全摘なら無治療、と言われておりますが、私の場合もその対象でしょうか。
②タモキシフェンの副作用でこんなに鬱の症状は出るものでしょうか。
何か対策は無いのでしょうか。
■病名:右側乳がん
<女性:49歳> ……【詳しく読む】非浸潤がんの全摘後のホルモン治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up