Site Overlay

ホルモンの乱れによる、乳房・リンパ節周辺の痛みの対処方法について

[管理番号:8177]
性別:女性
年齢:43歳
病名:
症状:乳房、リンパ節周辺の痛み

先日、浸潤性乳管癌の診断を受け、田澤先生に手術の申し込みをさせていただいたものです。
1月○日に診察の予約をいれていた
だきましたが、それまで少し時間があり、
不安要素があるため、いくつかご質問させてください。

まず、今回、乳癌の診断に至った経緯ですが、
2018/1月
市の触診検診で左胸上外側部の硬結を指摘される。
その後、マンモ、エコーの再検査
受けるも異常なし。
硬結の感じ方は医師それぞれとのこと。

2018/7月
左胸、腋窩に違和感を感じ、マンモ、エコーを受けるも異常なし。

2019/8月
左胸にいつもの痛み・違和感以外にピリピリとした痛みを感じ、マンモ、エコーを受けるも異常なし。
痛みの原因はわからないとのこと。

2019/12月
やはり痛み・違和感が強く、クリニック受診を決意。
その夜の自己触診で左胸上外側部にしこりを自覚。
翌日、エコーで約9mmの腫瘍を確認。
マンモトーム生検を受け、乳癌の診断。

病理組織検査報告書は、
充実型が優位な浸潤性乳管癌の所見。

Ki-67標準率14%
ER陽性90%
PR陽性90%
HER2陰性(1+)
のみの報告でした。

質問になりますが、乳房・リンパの痛みはホルモンの乱れによるものとで余計な心配はしないようにはしていますが、痛みが気になる時には鎮痛剤を飲んでもよいのでしょうか?
また、痛みを軽減させるよい方法はなにかありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

率直な感想として…
(2018年はいいとして)2019年8月のエコーで「異常なし」とされたのは少々残念な気がします。
もしかすると(勝手な想像ですが)「微妙な所見があった」としても「痛みがあるから、乳腺症か」と先入観が働いた可能性もあります。

乳腺外科医は(私自身も含めて)「乳房痛」に対しては(診察する前から)「どうせ、乳腺症だろう」という先入観が働きがちなのです。(経験を積むと、例外もあることを学ぶことになります)

一見「歪な形」を見つけた際に(特に症状がなければ)「乳癌かもしれない所見」として認識するものを、(乳房が痛いと言われると)「やっぱり乳腺症(の所見)なのかな」と判断に(微妙に)影響を与えがちなのは事実なのです。

「質問になりますが、乳房・リンパの痛みはホルモンの乱れによるものとで余計な心配はしないようにはしています」
→その通りです。

 そもそも「リンパ節に痛みなどない」のは事実です。
 「腋窩副乳の痛み」と考えるのが妥当です。

「痛みが気になる時には鎮痛剤を飲んでもよいのでしょうか?」
→それは構いません。

「また、痛みを軽減させるよい方法はなにかありますでしょうか?」
→卵巣を安定させる=ストレスがないように冷静になることです。

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up