Site Overlay

1月14日(火)③ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

タモキシフェン以外の薬について   [管理番号:8218]
質問1
閉経前は、タモキシフェン以外の薬はないのでしょうか?

質問2
もし薬がないのであれば、乳がん再発防止のために卵巣子宮全摘すると
いうのは少々行き過ぎた考えでしょうか?
■病名:乳がん 子宮頚がん 脂肪肝
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

数値と治療について   [管理番号:6851]
ナベルビン+ハーセプチン+パージェタで治療していましたが、効かなくなり、6月にドセタキセルに変えました。
それから順調に数値が下がっていたのですが…

9月(中旬)日の検査で
KL-6が1621
CEAが29.22
CA15-3が103.7
だったのが、
10月(上旬)日の検査で
KL-6が1614
CEAが37.20
CA15-3が90.2

となりました。
主治医は、効きが悪いと言っています。
このまましばらくドセタキセルを続けて、また効いてくるということはないのでしょうか?
11月に血液検査をするのですが、主治医は、「数値がよくなっていたら、ホルモン剤+ハーセプチン+パージェタでいくが、悪くなっていたらカドサイラ+ハーセプチン+パージェタでいく」と言っています。
■病名:乳がん
<女性:54歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんなのか   [管理番号:8217]
断乳後2ヶ月くらいたちました。
右側の胸を絞ると1つの乳腺から茶色の分泌物が出ます。
気づいてからは、毎日絞り切るようにすると、量は少なくなりました。
病院で診察した方がよいでしょうか。
■症状:乳頭分泌
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌の広がり   [管理番号:7843]
今年6月健康診断エコー、マンモにて石灰化を指摘され、7月(上旬)日大学病院受診。
再びエコー、マンモやはり石灰化が気になるということで、8月(中旬)日ステレオガイドマンモトーム生検、9月(上旬)日に非浸潤癌と診断されました。

9月(中旬)日 MRI を受け9月(下旬)日非浸潤癌の広がりが大きい5~6 CM と、乳頭すれすれまであるので全摘すると説明を受けました。

11月(中旬)日手術予定で病理結果は術後さらに1ヶ月後だそうです。

7月(上旬)日の時点では癌だとしても早期に非浸潤癌の可能性なので手術すれば終わるのことでしたが、MRIの結果非浸潤がんの広がりが大きいので浸潤の可能性もありますということで動揺しております。

このような場合、脇リンパ転移の可能性も高いのでしょうか?
ホルモン治療は人によっては副作用がきついのでしょうか?
12月の病理結果まで時間があり、また手術までの間に浸潤になってしまうのではと不安でおります。
■病名:非浸潤癌
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up