Site Overlay

タモキシフェン以外の薬について

[管理番号:8218]
性別:女性
年齢:46歳 閉経前
病名:乳がん 子宮頚がん 脂肪肝
症状:

ルミナールA
ステージ2a

9月上旬 右全摘
9月末 タモキシフェン+リュープリン(3カ月ごと)開始
1月上旬 子宮頚がん初期発見
術前検査で薬剤性脂肪肝とわかり、タモキシフェンを中止することになりました。

乳腺科の担当医は、子宮頚がんの手術をするならついでに卵巣も取れば閉経後の薬がつかえる、と言います。

(閉経前はタモキシフェン以外の薬はないといったニュアンス)
婦人科の担当医は、もともと初期の子宮頚がんだからついでにという手術ではない、子宮頚がんの手術で卵巣を取るということは保険適応外、
子宮も卵巣も取るとなれば保険はきく、子宮体癌 卵巣癌のリスクを考えたら、その選択もなくはない、と言います。

質問1
閉経前は、タモキシフェン以外の薬はないのでしょうか?

質問2
もし薬がないのであれば、乳がん再発防止のために卵巣子宮全摘すると
いうのは少々行き過ぎた考えでしょうか?

短い期間で立て続けに問題が起き、戸惑っております。

どうかアドバイスをよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「子宮体癌 卵巣癌のリスクを考えたら、その選択もなくはない、と言います。」
→婦人科医のコメントには飛躍があるようです。

 まるで「子宮体癌や卵巣がんのリスクが高い」と言っているように聞こえますが…

 実際には
  卵巣がんのリスクはBRACAnalysisしていないのだから、「リスクが高い」という根拠がない。
  子宮体癌のリスクはタモキシフェンを休薬した以上、殆どありません。

「質問1
閉経前は、タモキシフェン以外の薬はないのでしょうか?」

→その通り。

「質問2
もし薬がないのであれば、乳がん再発防止のために卵巣子宮全摘するというのは少々行き過ぎた考えでしょうか?」

→行き過ぎです。(通常は推奨されません)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up