Site Overlay

12月14日(土)③ 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

トリプルネガティブ   [管理番号:8135]
11月(下旬)日に左乳癌全摘をしました。

センチネル検査の結果リンパ転移なしです。

本日病理の結果がでまして
浸潤性乳がん
硬癌
2.0cm
Stage2a
リンパ管 血管浸潤あり(脈管侵略)
グレード3
ki90-95
トリプルネガティブ

と言われました。

手術で悪いものは全て取り切れたそうですが、脈管侵略しているから
再発転移の不安がある事、抗がん剤はしっかり行う事を言われました。

すごくショックでした。

術前の画像診断ではエコーでもMRIでも血流が少なく大人しい癌だと言われていたから余計にショックでした。

トリプルネガティブでこのkiの高さだと私は長生きできないですか?
脈管侵略していたら再発転移の可能性がかなり高いですか?
硬癌はやっかいですか?
■病名:乳がん
■症状:トリプルネガティブ
<女性:28歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ステージⅠで全摘を勧めると言われた   [管理番号:7657]
先日、MRIの結果を聞きに行きました。

画像を見せて下さり、ガンの周りに白い細かい点がたくさん(右乳房の半分くらい)あるのを見ました。

先生は「これが良性か悪性かわからない。
乳腺症だと思うが、ガンから広がっているようにも見える。
僕は全摘を勧める。
再建可能です。
すぐ決めなくていはいから1週間考えてみて。
温存を強く希望するならできないこともない」とのお話でした。

私はステージⅠで全摘はないだろうと思っていた為驚きました。

旦那さんと「もし先生が全摘と言ったら命を優先しよう」と話していました。

なので、心の底では「全摘+再建(人工)」と思ってはいるのですが…。

MRIの画像がないので判断はむずかしいと思いますが、
田澤先生はどう思いますか?
■病名:乳がん
■症状:胸にしこり
<女性:51歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳房全摘について   [管理番号:8134]
2019.9.(中旬) 集団検診で、乳エコー実施
2019.11.(中旬) 浸潤性乳管癌の告知(ステージ2A、HER2陰性、ホルモン受容
体陽性、ルミナル中間型、Ki-67 37%)

2019.11.(下旬)乳房部分切除、センチネルリンパ生検
(リンパ節への転移なし)

2019.12.(上旬)退院後初めての診察時に、手術で取った腫瘍のリンパ管にガンの飛び火あり、断端陽性と言われました。

(トータル3.7センチと言ってた気がしました)

先生からは乳房全摘をするか、断端陽性の部分を外来オペで切除するかの選択を提示してくれました。

しかし、年齢が若いため将来のリンパ節への転移を考えるとリスクを減らすために全摘を勧められた為、全摘しますと先生にお話しました。

年齢が若い場合には、全摘を勧めるのでしょうか。
■病名:乳がん
■症状:手術後は特に症状なし
<女性:32歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

低エコー域、低エコーの違い   [管理番号:8133]
先生にお聞きしたいのが、低エコーと低エコー域の違いです。

それら2つの言葉は乳癌の時にも使われますよね?
乳癌のときに『低エコーや低エコー域』を使う場合と
乳腺症や線維腺腫のときに『低エコーや低エコー域』を使う場合の違いは何ですか?
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up