Site Overlay

10月26日(土)① 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ホルモン治療中のエクオール飲用   [管理番号:7916]
ホルモン治療中ですが、エクオールを飲んでも大丈夫ですか?

また納豆やおからパウダーや大豆製品をたくさん摂取しても大丈夫ですか?

大豆製品には、ホットフラッシュや更年期障害の症状を和らげる効果があるらしいのですが、女性ホルモンとよく似た成分のようなので摂取するにあたり心配です。
■病名:乳がん
■症状:全摘
<女性:53歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腫瘍径について   [管理番号:7307]
ステージIIIc
腫瘍 12×14×18mm
リンパ節転移12(腋窩)
核グレード3
ki67 80%
高度リンパ管侵襲あり
v0
ホルモン感受性 90%
HER2 陰性

全摘とリンパ節郭清済み。

術前ステージ1か2との診断から、術後のリンパ節転移数でステージIIIcとなりました。

年齢やリンパ節転移数などからハイリスクとのことで、ddEC×4回、ドセタキセル×4回、放射線、ホルモン療法のフルコース予定です。

質問①田澤先生の回答で腫瘍径が小さいのは最大の武器というのをお見かけしますが、それは私のような場合にも該当するのでしょうか。

病理結果とステージから再発が不安です。

質問②大人しいタイプでは無い方が抗がん剤で叩きやすいのでしょうか。

現在、腫瘍が小さめだったこと以外に希望を持てる所がなく、今後の治療を頑張るモチベーションに繋げたいです。
■病名:乳癌
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳菅癌の追加切除   [管理番号:7781]
主治医からは、0期で大人しいタイプの非浸潤性だが癌細胞が少しでも残っている可能性もあるため、造影剤MRIで乳菅内の広がりの評価をしてから追加部分切除を掲示されました。

以下ご意見をお聞きしたいです。

①この場合、追加切除と合わせて放射線治療は必須でしょうか?また、追加したほうがいい検査や治療法はありますか?
②MRIで広がりがなかった場合、追加切除範囲は1cm程度あればいいでしょうか?何cm程度が好ましいですか?
⑤MRIは乳菅内の広がりを正確に判別できるわけではない、それを前提とした手術をすると拝見したのですが、どのような手術になるのですか?非浸潤性か浸潤性も判別は難しいですか?
⑥病理結果からわかる範囲で構いませんので、田澤先生ならどのような方針を薦められますか?
■病名:線維腺腫内に非浸潤性乳菅癌
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗HER2療法について   [管理番号:7915]
【質問事項】

①主治医より抗HEA2療法が同時併用から順次併用になったので効果は下がると言われ
細かいデータがないので何%とははっきり言えないと言われました。

田澤先生、私の場合gold standardではなくなり効果は何%下がりますでしょうか?

抗HEA2療法で再発リスクは半分になるとのことですが
私の再発リスクは何%になりますでしょうか?

②障害の娘が1人いるので、あと10年くらい支援し見届けたいと思っています。

5年・10年生存率を教えていただけないでしょうか。
■病名:「ルミナールHER2陽性乳がん」「硬癌」
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

Scroll Up