乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後の治療について   [管理番号:7826]
乳がんと告知されたからこのサイトを度々みて参考にさせていただいております。
8月上旬に温存手術ご、断端陽性のため、8月末に追加切除で全摘をしました。
結果乳房の下半分の乳管内に癌細胞が見られたので全摘で良かったという事でした。
今後の治療について、質問させてください。

浸潤径6ミリ×4ミリと5ミリ×3ミリ(以下は6ミリ×4ミリの方の病理検査結果です)
エストロゲン90%
プロゲステロン90%
グレード2
脈管侵襲ly1v1(0~3段階でという事)
ki67 21%

ホルモン療法は確定しているのですが、グレード2、脈管侵襲軽度、ki67 21%(ぎりぎりグレーゾーンですよね)ということが気になっております。
この浸潤径でも化学療法は適用されるのですか?また、それであればグレーゾーンなので、オンコタイプするべきでしょうか?しかし、す
るとなればこれからまた1ヶ月治療が延びてしまいそれも不安です(抗がん剤→ホルモン療法となっているようで抗がん剤をするかどうか分からないのであればあればそれまでホルモン療法もしないという事で今も何もしていません)
お忙しい中お手数おかけしますが先生の見解をご教示お願い致します。
■病名:左浸潤性乳管癌(硬癌)
<女性:39歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

マーカーについて   [管理番号:7825]
乳がん術後1年半になります。
今のところ、検査では再発所見はないとのことです。

そこで質問です。
骨のみの転移の場合、マーカーの値に変動はないと聞きますが、それならばどのようにしたらわかるのでしょうか。
私はもともと腰痛もちなので、腰痛と見過ごしてしまいそうで不安です。

あと、抗がん剤治療をおこなったので、生理はとまっています。
もし回復したら、ホルモンのお薬はかえないといけないのでしょうか。
サブタイプはルミナールAです。
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパ転移の今後の治療について   [管理番号:7330]
〈質問〉

①サブタイプはKi67値以外でも分類出来るのですか?

②主治医からはリンパ転移⇒抗がん剤を速やかに行いたいとの申し出。

ルミナールAの場合ケモの効果が期待できないのでは?との質問には
再発をしたときにやっておけば、という後悔がなければいいのですがとのことでした。
こちらの質問コーナーでよく見るやり取りですね。

質問は10日後に追加でKi67の数値が出るのですが、もし数値が40%以上の高値が出た場合オンコタイプ検査の一か月後の結果待ちは無駄でしょうか?(既に昨日オンコは申込み済み)

③先生のコラムの中でオンコの再発率グラフはリンパ転移陰性は10年もありましたが、転移1~3個は5年のものしかデータはないのですか?

④私のリンパ転移は上部ではなく下部の腫瘍からだろうと言われました。
ただ、センチネルなのかははっきりしないとの事。

センチネルは一番最初の関所と勉強していたので、何度か主治医に質問したのですが理解できませんでした。
(センチネルにうまく流れず飛び越えることもある?というような内容)
本当にそのようなことがあるのでしょうか?だったらそれがセンチネルなのでは?と疑問があります。

⑤腫瘍径も小さかったのにリンパ転移にとてもショックを受けています。
本当小さいうちに発見できて良かったと喜んでいましたが結果ステージⅡA、残念です。

オンコは現状では一番信頼が出来る再発率データでしょうか?
リンパ転移のあるなしで、再発率が大分変わる印象ですが具体的な数値を教えて頂けますか?
■病名:左乳がん「硬性型」
<女性:61歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。