Site Overlay

マーカーについて

[管理番号:7825]
性別:女性
年齢:37歳
病名:
症状:

田澤先生、こんにちは。
よろしくお願いいたします。

乳がん術後1年半になります。
今のところ、検査では再発所見はないとのことです。

そこで質問です。
骨のみの転移の場合、マーカーの値に変動はないと聞きますが、それならばどのようにしたらわかるのでしょうか。
私はもともと腰痛もちなので、腰痛と見過ごしてしまいそうで不安です。

あと、抗がん剤治療をおこなったので、生理はとまっています。
もし回復したら、ホルモンのお薬はかえないといけないのでしょうか。
サブタイプはルミナールAです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「骨のみの転移の場合、マーカーの値に変動はないと聞きますが、それならばどのようにしたらわかるのでしょうか。」
⇒骨転移の有無を調べる(スクリーニング)には?ということですね。

 それは画像診断です。

「私はもともと腰痛もちなので、腰痛と見過ごしてしまいそうで不安」
⇒症状があるのであれば…

 整形外科を受診することです。
 MRIを撮影すれば(腰痛を引き起こすような)骨転移があれば間違いなく解ります。

「抗がん剤治療をおこなったので、生理はとまっています。」
⇒化学療法閉経といいます。

 30代なので、おそらく(化学療法終了後)2年以内に回復すると推測します。

「もし回復したら、ホルモンのお薬はかえないといけないのでしょうか。」
⇒どういう意味でしょうか?

 そもそも化学療法閉経は本物の閉経ではないので閉経後の薬剤(アロマターゼ阻害剤)を使うべきではありません。

 質問者は30歳代なのだからtamoxifenでいいのです。(もしも月経回復したらLh-RHagonistの併用が必須となります)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up