乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

制汗剤使用は乳がんになりやすいのか   [管理番号:7785]
制汗剤と乳がんの関係について教えて下さい。

中学生のころより制汗剤を使用しています。

お産後の30歳代より汗がひどくなり、海外の塩化アルミニウム液が含まれているものを使用しています。

最近になりこのアルミニウムが乳がんになるとネットで見かけ心配になりました。

やはり乳がんになるのでしょうか?
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

マンモトーム生検 結果   [管理番号:7809]
半年経った最近また同じ乳腺外科へ。
マンモトームした乳腺症の辺りは画像所見変わらず大きさも変わらずでした。

マンモトームしたときにど真ん中を刺したなど言っていましたが
量的には5本と少ないため大きさは変わらずでした。

ちなみに、セカンドオピニオンと思い4月のマンモトームのあと違う乳腺外科に2件、今月マンモトームした病院と違う2件、計3件の乳腺外科で見てもらっていますが「繊維せんしゅ、または乳腺症」や「取るような所見ではない」と言われました。

質問です。

一番、この話を聞いて田澤先生は信じるべきだと思いますか?
二番、それとも、もう一度マンモトーム生検をするべき?と思いますか?
理由などあればそれも加えてご教示下さい。

三番、画像上、良性所見
マンモトームでも良性
半年後の画像上でも変わらず。

4月のマンモトームは確定診断になりますか?

ぜひ、田澤先生のご意見を聞かせて下さい。
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後1年半経過後にCA15-3大幅に上昇で骨転移の可能性はありますか?   [管理番号:7759]
2018年の1月に左胸にルミナルAタイプの乳がん、ステージ3と診断されました。

2018年3月に全摘手術を行い、術後6ヶ月間抗がん剤、その後放射線治療、その後ホルモン剤(毎日タモキシフェンを飲む、3ヶ月に1回注射)治療を現在まで行っています。

2019年7月に腫瘍マーカーを測定したところ、CA15-3が27で基準を超えていて、4月5月は6、6月は20だったのに対し、上昇し続けていることから、8月にもう1度検査したところ、30に上がっていたのでCTとMRIを撮りました。

結果、背骨のあたりに先生曰く「モヤモヤしたものが映っているが、典型的な骨転移ではなさそう。9月もう1度様子見ましょう」ということで、数日前に再度測定したところ、50と大幅に上昇したので、先生の判断で全身検索のPETを行うことになりました。

腰痛など症状は全く無いのですが、CA15-3について調べると「この値の上昇は遠隔転移が疑われる」と書いてあったので不安です。
■病名:乳癌
<女性:51歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパ節に再発か?   [管理番号:7808]
2年前の11月に右胸全摘、広背筋からの同時再建をしました。

RE陽性、H E R2陽性、グレード3、リンパ節転移無し
術後タキソテール4回、ハーセプチン18回、ホルモン療法中です。

今年8月初めから脇の痛みと腫れがあり、お盆の検診でその旨伝えましたが、触診にて同時再建しているから仕方ないとの診断。

しかし痛みは治らず、今月(上旬)日の夜に痛みが酷くて眠れないほどになりました。

翌日形成外科で診察を受け、念の為にCTを撮ったらリンパに腫れがあるとの診断を受け、乳腺の医師にエコーをしてもらいました。

出血しているのかなぁと言いながら溜まっていたリンパ液を抜いてもらい、同時に細胞診に出すことになりました。

術後すぐにリンパ液が溜まることはあっても、2年近く経ってリンパ液が溜まる症状は初めてなので原因はわからないと言われました。

その後造影CTを撮り、昨日結果を聞いたら細胞診の結果はいいが、リンパ節に怪しい影があるからと針生検をしました。

この結果が癌なら化学療法をすぐにすると言われて不安でたまりません。
この影が血液の塊ならいいけどねと言われましたが、先生は化学療法の話ばかりしていたので、やはり癌の可能性が高いのでしょうか?
■病名:乳がん
■症状:右脇の張りと痛み
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。