乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳頭乳輪温存乳房全摘術3年後の乳頭局所再発について   [管理番号:7393] 
2015年7月にher2 3+、ホルモン陰性の乳癌(ステージ2A)が発覚し、
術前化学療法後2015年12月に乳頭乳輪温存乳房全摘術を受けました。

病理検索の結果術前化学療法が効いたらしく、
4cmあった腫瘍が3mmくらいになったとの事でした。

(画像では見えなくなっていました。)
その後、ハーセプチンを私の希望で2年し、
経過観察をしていましたが、2018年秋頃から乳頭が黄色くガサガサし
定期検診で相談していましたが、よくならなかった為、
細胞検査をしたところ乳頭局所再発が判明しました。

サブタイプはher2 +2(fish陽性)、ER(4)、PGR(4)とのことで
前回と多少変わっていましたが、ルミナルが低発現とのことで
主治医は前回と同じタイプではないかと言っています。

そこで先生質問したいのは、今後の治療方針です。

まだ病理結果はでていませんが画像上腫瘍は5mmないとのことで
主治医は化学療法適応でないと言っていましたが
私は結局以前の化学療法がきいておらず遠隔転移しているのではと心配で
子供がまだ小さいため化学療法をしたい気持ちがあります。
■病名:局所再発乳癌
■症状:乳首の黄色いガサガサ
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脇のしこり   [管理番号:7594] 
記憶が曖昧なのですが、
右脇にしこりを見つけたのは2014年~2015年頃で、
丸くボコっと掴める弾力性のあるもので、よく動きます。

大きさは1.5cm程かなと思います。

場所は先生の図の2です。

手元の健康診断結果報告書の過去3回分を見ますと、
下記の通り記載がありました。

2017年4月 右側リンパ節腫大、右C領域線維腺腫疑い
判定 僅かな異常ですのでこのまま様子をみてください
2016年4月 両側リンパ節腫大、右C領域乳腺腫瘤(軽度)
判定 1年後経過観察
2014年4月 両側リンパ節腫大、両側妊娠期乳房
判定 1年後経過観察
※2015年は出産の為、検診を受けておりません
2016年以降右脇のしこりの件はエコーの際に伝えております。

右C領域~という結果はわきのしこりのことを指しているという認識で合っていますか?
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

温存か全摘かを迷っています。   [管理番号:7572] 
8月(上旬)日オペ予定です。

術前の造影剤MRIではリンパ節転移はなさそうです。

主治医は温存でもいける見解で、全摘を強く勧める状態でもないとのことで、部分切除を実施、術中に断端評価し2回断端評価してもまだ癌がある場合は全摘に移行。
腋窩リンパ節も術中検査。
転移2mm以上なら腋窩郭清術という手術同意書を用意してありましたが、基本温存か全摘かは患者さんの意思を優先するとのことで、それを聞いて私が迷いだしたため、術式は保留になっています。

私が迷っているのは局所再発のリスクです。
大きさも1amより小さければ迷わず温存を選択すると思いますが、今回、検診をまじめに受けていたにもかかわらず、自分で見つけてしかもすでに大きさは1amを超えてしまっているので再発リスクも高いのではないかと心配です。
ただ全摘でも全くないわけではないから、だったら温存で放射線をした方が実は再発率は低いのではないかとも思っています。

これに関してはネットでも色々な見解があって悩んでいます。
■病名:乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。