乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

病理検査結果の相違について   [管理番号:7451] 
(質問です)
①同じ組織の検査結果に(時に)相違があることは、過去の質問を見て確認しましたが、当初はトリプルネガティブと言われていたのが、大学病院ではER(+) HER2(2+)(HER2については再度検査中)と言われ、戸惑っています。
治療方法が増えることはありがたいのですが。

(これは憶測ですが…)生検した癌細胞の中にマイナスとプラスの部分が混在、前回の病理検査では「マイナスの部分しか確認できなかった」が今回の検査では「プラスの部分が確認できた」ので、大学病院の検査結果で間違いないという捉え方でよろしいでしょうか。

②今後の治療方針は、腫瘍径が少し大きいので、乳房温存手術のために術前化学療法を検討しております。

まだサブタイプは決定してませんが、ルミナルBになるのでしょうか。
HER2陽性ならトリプルポジティブでしょうか。

術前化学療法の内容が違ってくることもあるので、手術先行して術後の病理検査後、化学療法をした方が確実なのか…迷い始めております。

③PET検査ではリンパ節に転移が認められましたが、細胞診ではマイナスでした。
健診病院でのエコー検査ではリンパ転移は大丈夫でしょうと言われましたが、大学病院でのエコー検査の結果は確認してません。
(細胞診ではエコー画面見ながら針さしてましたが)
T2N0 ステージⅡaでしょうか。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠後の乳癌   [管理番号:7450] 
私は2年半前に子供を出産しました。

今もまだ授乳をしています。
一年前にマンモ、エコーともに異常なし、
先日のエコーも異常なしでした。
先生はご存知ないかもしれませんが、
○○というサイトでも乳癌について勉強しています。

そちらでは、必ず検診ではマンモ、エコーの両方を受ける事を推薦しています。
片方だけだと不十分だとおっしゃっています。
マンモ、エコー、それぞれ得意分野、不得意分野があり、両方受けて互いに補うという事は理解しています。
いつもお世話になっている乳腺外科ではマンモの機会が変わり、授乳中は受けられないそうで、エコーだけの検診になってしまいますが大丈夫でしょうか。

また、先程のサイトで出産後2年~5年に乳癌になると予後不良だったり、進行癌でみつかる場合が多いというエビデンス?があると記載されていました。
幸い、今のところ検査でも異常がなしですが、私は出産後2年半しか経過しておらず、5年経たずに乳癌になったら早期に発見出来ないかもしれないという不安があります。
この話は本当なのでしょうか。
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん検診(マンモグラフィーの必要性)   [管理番号:7402] 
去年5月、エコーとマンモグラフィーを受け、問題なしでした。

検診時、乳首を絞ると、数個の穴から白や黄色の分泌がありました。

出産し、断乳後1年だったので、「母乳、もしくは生理的な分泌でしょう。」とのこと。

その1ヶ月後、右のブラジャーに黄色い汁が本の少し付いていました。

受診したところ、「1ヶ月前にエコー、マンモグラフィーもしているし、赤や黒でなければ問題ない。」と言われました。

あれからここ1年、下着に分泌物が付くことは一度もありませんでした。

来月、検診を受けます。

去年マンモグラフィーをしたので、今年はエコーだけ、と考えていました。

去年の分泌のことが気になり、マンモグラフィーも追加すべきか迷っています。

分泌が悪性のものによるなら、エコーのみで解りますか?
アドバイス頂きたいです。
■症状:ブラジャーに黄色っぽいしみがついた
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。