乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7450]
性別:女性
年齢:38歳
病名:
症状:

お世話になります。
今回は妊娠後の乳癌についてと、検診の内容についてお伺いしたくて投稿しました。
私は2年半前に子供を出産しました。

今もまだ授乳をしています。
一年前にマンモ、エコーともに異常なし、
先日のエコーも異常なしでした。
先生はご存知ないかもしれませんが、
○○というサイトでも乳癌について勉強しています。

そちらでは、必ず検診ではマンモ、エコーの両方を受ける事を推薦しています。
片方だけだと不十分だとおっしゃっています。
マンモ、エコー、それぞれ得意分野、不得意分野があり、両方受けて互いに補うという事は理解しています。
いつもお世話になっている乳腺外科ではマンモの機会が変わり、授乳中は受けられないそうで、エコーだけの検診になってしまいますが大丈夫でしょうか。

また、先程のサイトで出産後2年~5年に乳癌になると予後不良だったり、進行癌でみつかる場合が多いというエビデンス?があると記載されていました。
幸い、今のところ検査でも異常がなしですが、私は出産後2年半しか経過しておらず、5年経たずに乳癌になったら早期に発見出来ないかもしれないという不安があります。
この話は本当なのでしょうか。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

今回、回答していて「あるあるQ]に入れることにしました。

「そちらでは、必ず検診ではマンモ、エコーの両方を受ける事を推薦」
→誤り。

 エコーの方が(術者により精度は「雲泥」ですが)圧倒的に優れています。
 閉経前(特に若年者)では所謂「高濃度乳腺」となり、マンモでは殆ど検出できません。

 何でもかんでも、「フルコース」をお勧めしても「費用対効果」が悪くなります。
 もしも費用が許すなら「造影MRI+US」の検診の方が圧倒的に優れているでしょう。

 最低限エコーさえすれば、殆ど「事足りる」のです。
 ★石灰化だけはエコーでは解らないので、(妊娠、授乳期以外なら)2~3年に1回はマンモも併用するといいでしょう。

「片方だけだと不十分だとおっしゃっています。」
→上記とおり。
 毎回マンモを併用する必要はないし、特に授乳中に併用する意味は「殆ど」ありません。

「マンモ、エコー、それぞれ得意分野、不得意分野があり、両方受けて互いに補う」
→これだと「対等」なように感じますが…

 実際は「対等」とはかけ離れています。
 石灰化は2-3年に1回のチェックでいいでしょう(エコーを毎年していれば)

「授乳中は受けられないそうで、エコーだけの検診になってしまいますが大丈夫でしょうか。」
→十分!(上記通り)
 ご安心を。

「また、先程のサイトで出産後2年~5年に乳癌になると予後不良だったり、進行癌でみつかる場合が多いというエビデンス?がある」
→誤り。
 大部分は「発見が遅れる(妊娠~授乳期には胸が張るので発見しにくいし、検診もサボりがちとなるため)」であり、「性質がどうこう」ではありません。
 ★かつて「妊娠出産が20歳代」の時代に、(その年齢で乳がんに罹患するのは)
「BRCA変異陽性の占める確率が高かった」という背景はあったと思います。
  ただ、現在は「妊娠期に乳癌になっている方」の年齢も上がっているので、そこまでの影響はないと考えられます。
 「妊娠期乳癌」などと「特別扱い」する必要は全くありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。