乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

レトロゾールの副作用   [管理番号:7425] 
今年3月からレトロゾールを服用しています。

左大腿骨頸部のみ骨密度が74%に低下、他部位は100%近いです。

カルシウムとビタミン?の服用を開始しました。

同時期、飛蚊症と光視症を発症、眼科にて検査の結果、飛蚊症についてはレーザー治療(自由診療)、光視症は毎月の眼底検査を予定しています。

乳腺主治医は骨粗しょう症も、飛蚊症光視症も、年齢的に多分老化現象とのとの判断です。

他に副作用と自覚する症状は今のところありません。

質問1
骨密度が1か所だけ減少する事はありますか?
その場合カルシウムとビタミン?の服用で大丈夫ですか?
(スポーツは専門的に挑戦している種目あり、かなりの運動量です。)

質問2
レトロゾールの副作用で飛蚊症光視症を発症しますか?
主治医は閉経前のホルモン治療薬ならあると言っています。

現在片目だけですが、両目だとかなり見え辛いので心配です。

もし副作用だとしたら、予防する方法、薬剤等ありますか?
■病名:乳がん部分切除(5ミリ)
<女性:66歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後治療   [管理番号:7424] 
主治医の先生から詳しく説明されませんでしたが
1、私の場合はがんのサイズは6×4mmで断端陰性と理解して宜しいでしょうか?

2、放射線治療はスタンダードコースの16回にブースト照射+4回にしますと言われましたが、それはどうしてでしょうか?
先生のご見解はいかがでしょうか?

3、照射線治療終了後にホルモン治療は始まりますが放射線治療とホルモン治療を同時進行はダメでしょうか?

4、まだ3回しか照射しておりませんが、術側の乳房は少し腫れているのと痛みも少しあります。
副作用と思って宜しいでしょうか?
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ki高値で不安です。   [管理番号:7405] 
病理結果です。

硬がん

A、Bに癌細胞の不規則胞巣状浸潤性増生および乳管内での増生がみられます。
癌細胞は脂肪組織に浸潤しています。
乳管内成分には部位により
コメド状の壊死がみられます。

浸潤径:11mm×7mm、pT1c、Ly0、V0、波及度f、EIC-、Comedo
component+、nucler grade:1、histological grade:2

レセプター等について
ER:90%程度の癌細胞が陽性、ER判定基準:j-score Score 3b
PgR:40%程度の癌細胞が弱陽性~陽性、PgR判定基準:j-score Score 3a
HER2 2+(ASCO/CAP) 不完全および/または弱~中程度の完全な細
胞膜の陽性所見が10%をこえる癌細胞に観察される(30%程度)
mib-1… 高い部分で70%程度
EGFR-、CK5/6-

☆質問なのですが、ki67 がすごく高く、主治医には、しこりは小さいけど(状態が)すごく厳しいよ、と言われています。
10年再発率もTC治療を終えて、注射+ホルモン治療10年で生理が止まったと考えての再発率は50%と言われました。

私のこの病理結果を見て、先生から見た10年の無再発率と10年の生存率を教えてください。
■病名:乳がん、硬がん
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。