乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

葉状腫瘍 追加手術について   [管理番号:7216] 
【ご質問】
●上記所見は、良性または境界型のどちらでしょうか。

●”細長い腺管”や”細胞密度の増した領域”との記述は、悪性を示唆しますか。

●追加手術は必要ですか。
必要な場合、術後何日以内にした方がよろしいですか。
また、前回の執刀医に追加手術をお願いすべきですか。

●断端陰性=周辺組織に残存なし、と判断できますか。

●病理医によって所見は異なりますか。

●摘出した腫瘍以外に、1cm前後の線維腺腫と思われる腫瘍が両胸に10個ほどあります。
数年間、さほどサイズは変化しておりませんが、葉状腫瘍の可能性はありますか。
■病名:葉状腫瘍
■症状:良性または境界
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

しこりについて   [管理番号:7106] 
【質問】
①前回、田澤先生の所に行かせて頂いたのは2018年の8月で、次は1年後ね。
と言って頂いてたのですが、不安な為、上記の内容を再度、田澤先生にしっかり見て頂く事は可能でしょうか?もし、気にしすぎだったとしても、一度診て頂きたいなと思ってます。

体外受精の移植を来月に控えており、出来るだけ早めに田澤先生に診て頂きたいと考えております。
お忙しい所申し訳ありません。

②田澤先生に診て頂いた上で、田澤先生が気になられる所見が少しでもあれば、確定診断のマンモトーム生検をして、白黒ハッキリつけた上で安心して不妊治療に臨みたいです。

マンモトームの予約も混み合ってると思います。
予約はだいぶ先になりますでしょうか?
状況によって、不妊治療の病院に、来月の移植をどうするか報告したいと思っております。

③京都の病院に、マンモグラフィの画像などを貸して頂きたい旨や紹介状を伝えるのが少し言いづらいのですが、田澤先生の所で再度マンモグラフィをとって頂くのは可能でしょうか?
それとも、さすがに1年に3回目となるマンモグラフィの撮影は頻度が多くて、身体に危険でしょうか?(乳がんプラザを見ていても、1年に2回は問題なさそうだったのですが。)
2018年8月に江戸川病院で。

2019年1月に今回の京都〇〇乳腺外科で。

④紹介状もある方が宜しいでしょうか?
■病名:乳腺症
■症状:左右の下部分にしこりがあります。
(特に左胸)
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

産後1年たってからの胸の不調   [管理番号:6535] 
①過去の質問を読んでいて、鬱滞性乳腺炎によるリンパ肥大?と考えたのですが先生はどのようにお考えになりますか?
一度詰まりは取れましたが助産師さんのマッサージを受けた時は「やっぱりつまりあるねぇ」と言われ、乳腺科でエコーしてもらっており(技師さんでしたが)授乳中なので血流はあるけどしこりはなしと言われたので(4ヶ月ほど前の話です)今すぐ受診すべきか悩んでいます。
ただその時よりはリンパもふくれているような?一時期よりはふくらみも落ち着いたのですが、前回の受診時よりふくれたような気もしております。

②助産師さんに言われた「乳腺がむくんでいる」生理が来たらむくみがとれるのかもしれませんが、私は授乳中は生理はこない体質のようで、このままの状態で卒乳まであと2年位かかるかもしれません。
このシリコンのような塊を抱えた状態で授乳を続けていても問題ないでしょうか。

③塊のようなものは授乳をやめたら元に戻るのでしょうか。
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。