乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

左の乳がんに関して   [管理番号:7018] 
①針生検の結果をいただきましたが、英語のためよくわかりません。
見ていただけますか?
IHCsubtype luminal A-like
ルミナールAタイプということでしょうか?
Estrogen receptor (ER):positive, strong, >80%
Allred PS:5, Allred IS:3, Allred score (PS+ IS):8 J score: 3b Progesterone receptor (PgR): positive, intermediate, >80%
Allred PS:5, Allred IS:2, Allred score (PS+ IS):7 J score: 3b
上記、まったくわかりません。
どのような意味ですか?
HER2: score 1+ (弱陽性細胞率が10%程度)
これも、わかりません。

ki67(MIB-1)labeling index 12%
これは、調べてみると、14%以上になると高値になる(=良くない)のですか?
術後の病理検査結果を見ないと、抗がん剤をやるかやらないかもわからないと言われています。
可能性はどれくらいでしょうか。

②センチネルリンパ節生検で転移がなくても、実は次のリンパ節にスキップ転移がある場合が稀にあるそうですが、その場合、どのように発見され、治療はどうなりますか?
③まだ術後の痛みが結構あります。
動く時、歩く時、胸が揺れる時、ズキズキします。
いつ頃まで続くのでしょうか?腕を上げるなどの運動は、積極的にやった方が良いですか?
④術後の病理検査結果によって、断端陽性だった場合には全摘の再手術を受けなくてはなりませんか?その覚悟もしなくてはいけないのでしょうか。
局所再発や遠隔転移の心配も考えると、精神的にきついです。
■病名:左乳がん
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

胸骨の腫れについて   [管理番号:7212] 
■質問
①胸骨にがんが認められた場合、乳がんの転移と考えるのが妥当でしょうか?もしくは別のがんが同じタイミングで見つかったと考えるのか、または違う見立てになるのか、田澤先生でしたらどのようにお考えになりますか?

②MRIのみ胸骨に所見ありの場合、PET-CTでわかることは「胸骨の腫れが何なのか」だけでしょうか?ステージ4に該当するがんが見つかる可能性はどれくらいあるとお考えでしょうか?

③一連のプロセス(手術→PET-CT→治療開始)について、例えば手術前にPET-CTを受け、胸骨にがんが認められられた状態で手術に臨んでいたら、もしかしたら何かしら手を打つことができたのではと考えてしまいます。
田澤先生でしたらどうアプローチされますか?
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の検査について   [管理番号:5251] 
私の場合1.1センチの腫瘍の時点で針生検をした際に
「しこりに針を刺しました。病理の結果繊維線種で追ってもしょうがない。
でも1年に一度検診を受けるといいですね。」
と言われ安心したのも束の間、その5ヵ月後に大きくなったしこりが気になり母乳が詰まった時のように押してみたところ乳頭より出血し、受診したら針生検の結果今度は乳癌でした。

5ヵ月で1センチ以上大きくなったもののKi67が10パーセントというのは信用できるのでしょうか?

Ki67の値は術後病変全体で判断するべきということでしたので気になりました。
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

針生検後の血乳   [管理番号:7228] 
質問1、針生検後まだ4日ですが、
気になって母乳を絞ったら血乳がでました。
(傷口はまだ傷みます)
当たり前のこと?ですか??

質問2、生検後は乳の中で怪我をしているという感じでしょうか?
血乳はどのくらい続きますか?

質問3、母乳が出る方はだいたい針生検後は血が出るものでしょうか?

質問4、画像上良性、細胞診でも良性の場合の乳ガンの可能性はどのくらいありますか?

質問5、組織診をした際に万が一癌に刺していたら癌を撒き散らしたり、活性化させることはありますか?

血乳は乳頭(ど真ん中から出ます。)
毎回同じ場所から出ます。

また現在切った場所の横が内出血しています。

心配性のため生検前も毎日絞っていましたが血乳は1度も出たことありません。
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。