乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤   [管理番号:7055] 
12月に手術をし、先日病理検査がでました。

温存手術、センチネルリンパ節生検
浸潤径:1.8×1.4×0.8cm
非浸潤径:2.8×2.5×0.8cm
リンパ節転移あり(3/11個)内微小転移2個
エストロゲン 陽性90%
プロゲステロン 陽性90%
HER2蛋 陰性0
Ki-67 15%
リンパ管浸潤 陽性
静脈浸潤 陰性
核の悪性度 1
切除断端 陰性

術後の治療はホルモン治療と放射線治療は決まっています。
主治医はルミナルAだけど、リンパにいってるから抗がん剤も視野にいれているようです。
抗がん剤は出来ればやりたくありませんが、私は4年も癌を放置している状態です。
今は出ていませんが、遠隔転移が心配です。
抗がん剤は私のタイプでは効果があまり期待できないのでやらなくて大丈夫でしょうか?
オンコはやるつもりはありません。
■病名:乳癌
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん術後の妊活について   [管理番号:7054] 
来月、乳癌の全摘を予定しております。

術後はホルモン療法をする予定ですが、今月、結婚したばかりで子供もあきらめきれず、受精卵凍結後、下記のいずれかにしたいと思っております。
年齢を考えると乳癌関係なく子供は難しいのはわかっておりますが、後で後悔のないよう、できる限りのことはしたいと考えています。

1.術後、ホルモン療法なしに妊活を開始(ある程度の期間を区切り、
無理であればあきらめホルモンを開始)。

2.2年間のホルモン療法後に妊活を開始。
(2年はPositive traialよりより)

術後、何らかの理由でホルモン療法をしなかった患者の経験の有無や、
再発のリスクの観点から先生のご見解をお聞かせください。
また、ホルモン療法終了の目安は特にない(検査値等で継続、中止の可否の決定手段がない)と理解しておりますが、もしこういった場合であればホルモン療法の中断、終了を検討できる等もありましたらご教授ください。
なお、主治医は乳がん治療を優先させてほしいので、自分から妊活OKとは言
言えない、患者さん個人の判断になるとの見解でした。
■病名:乳癌
■症状:乳房痛、胸のしこり
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

病理結果について   [管理番号:3860] 
7月末に右乳房右内下部に微細分葉状腫瘤と診断されガンセンターにて
温存でリンパ節かく清手術を受けました。

病理の結果は浸潤性乳管がん、リンパ節摘出20個のうち転移は
2ミリ以上1個、浸潤径1.5×1.4、
範囲3.8×3.3、核異型度2、組織異型度2、リンパ管、脈管侵襲はなし、ki16.6%、ホルモン感受性ありHER2なし、断端陽性、断端成分は非浸潤で日帰り手術予定です、
治療はアナストロゾール5年間と放射線です。
ルミナールの事は言われませんでした。
<女性:55歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

小葉癌ルミナルAの抗がん剤について   [管理番号:7053] 
浸潤性小葉癌で、先月、左胸全摘の手術をしました。

結果は7.5cmのしこりがあり、グレード1、HER2-、ホルモン受容体
ER、PGRとも+、ki5%の典型的なルミナルAでしたが、リンパ転移が13個あり、多臓器への転移が懸念される為、急遽PET検査の結果待ちの状態です。

今後の治療は、AC+ドセ、パクリの3週間×4回ずつ。

その後、放射線+ホルモン治療10年になるだろうとの事でした。

想像以上のリンパの転移があり、いきなり余命宣告されたかのようで落ち込んでいます。

田澤先生なら、この治療は妥当だと思われますか?
■病名:浸潤性小葉癌
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。