Site Overlay

小葉癌ルミナルAの抗がん剤について

[管理番号:7053]
性別:女性
年齢:45歳
病名:浸潤性小葉癌
症状:

はじめまして。

浸潤性小葉癌で、先月、左胸全摘の手術をしました。

結果は7.5cmのしこりがあり、グレード1、HER2-、ホルモン受容体
ER、PGRとも+、ki5%の典型的なルミナルAでしたが、リンパ転移が13個あり、多臓器への転移が懸念される為、急遽PET検査の結果待ちの状態です。

今後の治療は、AC+ドセ、パクリの3週間×4回ずつ。

その後、放射線+ホルモン治療10年になるだろうとの事でした。

想像以上のリンパの転移があり、いきなり余命宣告されたかのようで落ち込んでいます。

田澤先生なら、この治療は妥当だと思われますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「多臓器への転移が懸念」
→リンパ行性転移と遠隔転移は別だから、それは心配ないでしょう。

「田澤先生なら、この治療は妥当だと思われますか?。」
→ステージと「抗がん剤が有効なのか?」は全く「別次元の話」です。

 明らかなルミナールAなので「抗がん剤の有効性は殆どない」とは思います。
 ただステージが高いと「抗がん剤を勧めるのが一般的」だとは思います。(高齢者でないかぎり)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up