乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

手術日程について   [管理番号:7052] 
非浸潤乳管がんと診断されました。

そのあと転院、術前検査の結果の日に、MRIで左もあやしいと言われ針
生検。
結果、左も非浸潤乳管がんと昨日診断され、両側とも広がりがあり、乳頭近くなので、全摘同時再建の予定。
また術前検査では転移など
他に問題はないとのこと。

手術は2月中旬を予定していますが、子供の受験直前であり、いっそのこと受験が全て終わる3月中旬にしたいと思ったり、と決めかねています。
主治医にも相談していますが、3月なら問題ないと言われています。
■病名:両側乳がん
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

卵巣を2つ摘出した際の乳がんとしての今後の治療内容   [管理番号:7044] 
・質問1
卵巣の問題が発覚する前は、放射線治療終了後はタモキシフェンを5年間飲む予定でしたが、そもそも卵巣を2個とも摘出してしまったら、乳がんとしての今後の治療はどうなるのでしょうか。
違う薬を飲むのでしょうか。
田澤先生でしたらどのようにされますか。

(現在、私の担当のメディカルオンコロジードクターが決まっておらず、誰にも質問する事が出来ません)

・質問2
もし、卵巣摘出を左側1個だけにした際には、予定通りタモキシフェンを飲むのですが、乳がんの再発転移のリスクが下がる事、2年連続で卵巣に腫瘍が出来た事(去年は良性。
今回の腫瘍が良性か悪性かは手術しないとわかりません。
腫瘍マーカー上は問題無)、今後卵巣ガンの心配もしなくてはならない事から、卵巣は2個とも取ってしまおうと思ってます。

卵巣を2個とも取ることについて、田澤先生のご意見を聞かせてくださいませ。
■病名:乳がん
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。