乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤の種類について   [管理番号:7013] 
10月下旬に左乳房部分切除を受け、先日病理結果が出ました。

45歳です。
母が乳癌で亡くなっています。

硬癌
ホルモン陽性
HER2 1+
癌は1cm
脈管侵襲 軽度
核異型度 2
ki67 40%(針生検のときのもの、術後は調べてない)
ルミナールb

主治医から、 C EF4クールか、T Cかどちら決めて欲しいと言われています。
乳腺科の先生達の中でも意見が分かれているとのことです。

C EFの方が辛くないし、あたしはリンパ転移もないから C EFで良いのではと乳腺内科の先生からは言われていますが、あたしは辛くても良く効くほうがいいのですが‥
調べているとT Cの方が再発率が低いようなのですが、先生のご意見を伺いたいと思います。

抗がん剤の後は放射線とホルモンの治療を予定しています。
■病名:乳癌
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

分泌液   [管理番号:7036] 
2年前の集団検診で左嚢胞影ありで要精査となりました。
更にその時、右分泌液の色を指摘されました。
その時は両側多孔性で右1ヵ所のみ黄色でした。
その後紹介された個人病院を受診し、約半年ごと受診の経過観察となっています。

質問は、最近左は出たり出なかったりで一気には出ませんが3ヶ所程出る場所があります。
色は透明です。
しかし右は単孔性で、絞れば必ず出る状態で他との違いを感じます。
色は黄色です。
乳管内病変の可能性があるのでしょうか?乳管造影の対象になりますか?
分泌液の検査はしたのですが…無意味なんですよね?嚢胞もあり、乳腺症?と言われいますが、絞るとでる分泌液の量が増えたような気がして…不安です。

その病院は生検ができない病院だったので、尚更不安になってしまい質問させていただきました。
■病名:乳腺症
■症状:乳頭分泌、乳房痛、嚢胞
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌治療中です。主治医の説明に疑問があり、相談したいと思いました。   [管理番号:6758] 
5月の初めに、自分でシコリを発見。
すぐに乳腺科で、マンモグラフィーと、エコーの検査をしました。
マンモには、何も映らず、エコーで、引っかかりました。

最初の診断は、化膿してる→抗菌薬を処方されました。
しかし、治らず、次に、生針の検査→クラス5でした。
全摘だね。
とその時言われましたが、次にマンモトーム生検→ほぼ癌が見られない。
と言う結果が、出て、疑わしくても、小さくて癌になるかならないか、また、癌であっても非浸潤癌だからと、言われました。

その後、何の検査もせずに、8月(上旬)日に摘出しました。
温存です。

しかし、取ってみると、癌は、浸潤性で増殖する腫瘍、硬癌、異形度1、グレード1と言われました。
主治医は、結果が出るまで、上記に書いた事を信じていたので、サブタイプの検査に出しておらず、本日結果が出ます。

前回、放射線治療と抗癌剤どっち先でも良いですよ!言われました。
この経緯どう思いますか?
まだ転院やセカンドオピニオンの時間はありますか?
■病名:乳癌
■症状:乳輪横下のしこり 摘出済み
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

her2陽性の治療について   [管理番号:7035] 
11月に左乳癌の全摘手術を受け、病理結果が出ました。

術前では非浸潤の診断でしたが、実際には術中のセンチネルリンパ節で微小転移があり、浸潤部分は1.2ミリありました。

腋窩リンパ節郭清をしましたが、腋窩リンパ節のほうには転移はありませんでした。

ER90%
Pgr30%
HER2陽性
ki67 10%
のルミナールb

という診断でした。

主治医の先生はHER2陽性でも浸潤部分が1ミリなので、抗がん剤は必要なしでホルモン治療のみで良いとのことでした。

1、ハーセプチンなど、科学療法は必要ありませんでしょうか?

2、HER2陽性は再発率が高めと聞きますが、大体5年、10年の再発率はどのくらいになりますでしょうか?
■病名:乳癌
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。