Site Overlay

her2陽性の治療について

[管理番号:7035]
性別:女性
年齢:33歳
病名:乳癌
症状:

初めまして。

11月に左乳癌の全摘手術を受け、病理結果が出ました。

術前では非浸潤の診断でしたが、実際には術中のセンチネルリンパ節で微小転移があり、浸潤部分は1.2ミリありました。

腋窩リンパ節郭清をしましたが、腋窩リンパ節のほうには転移はありませんでした。

ER90%
Pgr30%
HER2陽性
ki67 10%
のルミナールb

という診断でした。

主治医の先生はHER2陽性でも浸潤部分が1ミリなので、抗がん剤は必要なしでホルモン治療のみで良いとのことでした。

1、ハーセプチンなど、科学療法は必要ありませんでしょうか?

2、HER2陽性は再発率が高めと聞きますが、大体5年、10年の再発率はどのくらいになりますでしょうか?

お忙しい中、申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

抗HER2療法も含め化学療法の適応は5mm以上です。

「1、ハーセプチンなど、科学療法は必要ありませんでしょうか?」
→必要ありません。(冒頭のコメント通り)

「2、HER2陽性は再発率が高めと聞きますが、大体5年、10年の再発率はどのくらいになりますでしょうか?」
→1.2mmの浸潤癌で再発を考える必要はありません。
 あえて、数値を言えば5%以下となるでしょう。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up