乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7035]
性別:女性
年齢:33歳
病名:乳癌
症状:

初めまして。

11月に左乳癌の全摘手術を受け、病理結果が出ました。

術前では非浸潤の診断でしたが、実際には術中のセンチネルリンパ節で微小転移があり、浸潤部分は1.2ミリありました。

腋窩リンパ節郭清をしましたが、腋窩リンパ節のほうには転移はありませんでした。

ER90%
Pgr30%
HER2陽性
ki67 10%
のルミナールb

という診断でした。

主治医の先生はHER2陽性でも浸潤部分が1ミリなので、抗がん剤は必要なしでホルモン治療のみで良いとのことでした。

1、ハーセプチンなど、科学療法は必要ありませんでしょうか?

2、HER2陽性は再発率が高めと聞きますが、大体5年、10年の再発率はどのくらいになりますでしょうか?

お忙しい中、申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

抗HER2療法も含め化学療法の適応は5mm以上です。

「1、ハーセプチンなど、科学療法は必要ありませんでしょうか?」
→必要ありません。(冒頭のコメント通り)

「2、HER2陽性は再発率が高めと聞きますが、大体5年、10年の再発率はどのくらいになりますでしょうか?」
→1.2mmの浸潤癌で再発を考える必要はありません。
 あえて、数値を言えば5%以下となるでしょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。