乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ルミナールBの抗がん剤   [管理番号:7002] 
術後の結果

1.8cm
ER:90%
PgR:80%
HER2:陰性
Ki67 :38%
核グレード 2
センチネルリンパ節生検 陰性
ステージ1

主治医からはタモキシフェンによるホルモン療法は実施するが、化学療法を行うまでの必要は無い。

と言われ、Ki67 :38%が不安だと伝えたところ、
「ガチガチのルミナールBではないし、腫瘍は小さめだし、大丈夫だと思う。

抗がん剤の上乗せ効果も少ないと思うし、だいたいの医者は抗がん剤をすすめないと思うよ。

これでリンパ節に転移してたらすすめていたかもしれないけれど、陰性だったらからだったらから大丈夫。」
とのことでした。

私も副作用の強い治療は行いたくないとは思いますが、子供がまだ小さいこともあり、
再発、転移にやはり不安が残ります。
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

石灰化を伴うシコリ   [管理番号:7001] 
先日、乳がん検診でシコリを発見されました。

そのシコリの中に石灰化してる部分があり、あまり良くない物と言われ、穿刺細胞診を受けました。
結果はまだです。

色々調べているうちにマンモ、エコーをして怪しいという結果、検査するなら、針生検すべき!と言う先生のコメントを目にしました。
細胞診は確定診断にはならない!と書いてありました。

今回、シコリは9ミリと言われ、ガンであっても初期だと言われました。

今回、先生の意見が聞きたく質問させて頂きます。

シコリを伴う石灰化は乳管内でガン細胞が増殖、充満、石灰化し、乳管を破ってシコリとなる。
との事ですがこれであっていますか?
その場合、初期と言えるのか。
生検するならどの方法が一番いいのか?
先生に生検を頼む場合、時間がかかりますか?時間がかかってもガンの進行は大丈夫なのか?お聞きしたいです。
■症状:胸のシコリを伴う石灰化
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左乳首から血のような分泌物   [管理番号:6991] 
早速ですが2ヶ月前に何気なく胸を絞ったところ濃い黄色の分泌物が出てビックリし乳腺外来を受診し胸を
挟んでやる検査とエコーを
して頂きました。

そのときは問題なしでした。

その後も黄色の分泌物は
色が薄くなったりして出たり出なかったりでした。

しばらく絞らないでいてふと気になって昨夜また絞ったところ真っ赤ではないですが血が出ました。
たぶん一つの穴からだと思います。

ですが今日朝絞ったときには何も出ません。

これは受診したほうがよいのでしょうか?
今生理前なのでそれでホルモンのバランスが崩れてとかなのでしょうか。

しこりなどはないと思います。
■症状:右からの黄色の液体
<女性:29歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプについて   [管理番号:6988] 
ステージⅡB、
右全摘、リンパ節郭清手術しています。

◆腫瘍径、4cm
◆リンパ転移あり、2個(SNB2/3、腋窩0/12)
◆ホルモン、どちらも陽性
◆HER2、陰性
◆ki67値 約10%
ルミナールa

2018年10月(下旬)日より
化学療法
(FEC4クール+ドセタキセル4クール予定)

主治医は、血液にのって何処かにいるかもしれない癌を叩くための治療と言われました。

その後全摘は、していますが皮膚の近くに癌があったため放射線治療をしその後ホルモン療法の予定です。

抗がん剤の前に主治医にオンコタイプの相談をしたところ長年の経験から抗がん剤治療した方が良いと言われました。

オンコタイプをこれからお願いして結果次第では、ドセタキセルしないという結果をえられるでしょうか?
■病名:乳がん
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腫瘍直上の皮膚切除について   [管理番号:7000] 
質問です。

①この場合、腫瘍と皮膚の距離が何㎜あれば安心と言えるでしょうか。

②4月にインプラントによる再建手術を受ける予定ですが、切除するとなれば、タイミングはいつが良いのでしょうか。

③もしも取り残した皮膚から局所再発してしまった場合、サブタイプが変化する可能性はあるでしょうか。
その場合は化学療法や抗HER2療法が追加になりますか。

④不安を払拭するため、できれば切除しておきたいという気持ちが強くなっています。
気に病みすぎでしょうか。
■病名:乳がん
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右 脇 しこり   [管理番号:6738] 
脇の下をしっかりと触ってみたところ、右脇の下に1cm位のしこりを発見しました。

病院へ伝えたところ
「今の時点では転移していないから、心配しすぎないように。」との返答で、あまり親身に掛け合ってもらえませんでした。

左乳がんですのに、右脇の下に明らかなしこりがあります。

以前から背中が張っていましたが、最近は背骨の骨の痛みが強く、湿布を貼らないと、しんどいです。

鼠径部も痛みを感じることもあり、すでにリンパにのって、全身に散らばってしまっているのではないかと大変不安に思っています。

エコー検査でしっかりと診てもらっていると思うのですが、検査後すぐに発見したしこりは、検査の見落としか、
検査後に転移したものなのでしょうか?
■病名:左乳がん 非浸潤
■症状:右脇 しこり
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。