乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:7002]
性別:女性
年齢:38歳
病名:
症状:

田澤先生こんにちは。

11月中旬に左乳房全摘およびセンチネルリンパ節生検をしました。

先生のQ&Aを見させて頂き、勉強させて頂きました。

本当にありがとうございます。

ただ、色々似た病状の方のQ&Aを参考にしているのですが、今後の治療方針を決断しようとするとやはり迷いや不安が尽きません。

お手数ですが今後の治療方針の考え方についてアドバイスいただければと思います。

術後の結果

1.8cm
ER:90%
PgR:80%
HER2:陰性
Ki67 :38%
核グレード 2
センチネルリンパ節生検 陰性
ステージ1

主治医からはタモキシフェンによるホルモン療法は実施するが、化学療法を行うまでの必要は無い。

と言われ、Ki67 :38%が不安だと伝えたところ、
「ガチガチのルミナールBではないし、腫瘍は小さめだし、大丈夫だと思う。

抗がん剤の上乗せ効果も少ないと思うし、だいたいの医者は抗がん剤をすすめないと思うよ。

これでリンパ節に転移してたらすすめていたかもしれないけれど、陰性だったらからだったらから大丈夫。」
とのことでした。

私も副作用の強い治療は行いたくないとは思いますが、子供がまだ小さいこともあり、
再発、転移にやはり不安が残ります。

田澤先生でしたらどういったご意見でしょうか?

また、抗がん剤を使用した場合としなかった場合の5年再発率と10年再発率、生存率も知りたいです。

また、こちらでオンコタイプDXという検査を知ったので、主治医に相談してみましたしてみました。

「確かに、オンコタイプDXをするのはいいと思う。

しかし、申し訳ないけれどこの病院ではやっていない。
他の病院に紹介状を書くのでやっている病院を自分で調べて欲しい。」(主治医はどこの病院でオンコタイプDXをしているのか知らないとのこと)でした。

オンコタイプDXを受けた方がよろしいでしょうか?
また、オンコタイプDXの検査を田澤先生の病院に依頼するというのは可能でしょうか?
その場合、遠方に住んでおりますが、診察も必要でしょうか?

以上、よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「早期だから抗がん剤は要らない」「リンパ節転移があれば…」
→典型的な「前時代的」思考です。(サブタイプ以前はその通りであり、いまだに「それを引きずっている」ようです)

「田澤先生でしたらどういったご意見でしょうか?」
→グレーゾーンなのだから「OncotypeDXすべき」です。

「また、抗がん剤を使用した場合としなかった場合の5年再発率と10年再発率、生存率も知りたいです。」
→??
 何か勘違いしていますね。
 よーく考えてみてください。
 上記数値が解っているならOncotypeDXする必要が無いですよね?(それを知るためのOncotypeDXなのです)

「オンコタイプDXを受けた方がよろしいでしょうか?」
→それしか「解決」しません。

「また、オンコタイプDXの検査を田澤先生の病院に依頼するというのは可能でしょうか?」
→可能ですし、実際に数名(同様のケースが)あります。

「その場合、遠方に住んでおりますが、診察も必要でしょうか?」
→「診察なし」とは「標本だけ郵送してオーダーする」ということですか?

 それはできません。(当院は、検査の仲介業者ではないのです)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。