乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:7000]
性別:女性
年齢:45才
病名:乳癌
症状:

田澤先生
いつも乳がんプラザを拝読しております。

今回初めて質問させていただきます。

よろしくお願いします。

左胸
浸潤性乳管癌 solid type
pT2(浸潤径 33mm×8mm、浸潤径+乳管内進
展 67mm×48mm)
Ly0
V0
Grade1
Ki-67 10%
ER:TS(7)=PS(5)+IS(2)
PgR:TS(8)=PS(5)+IS(3)
HER2 (-)score1+
リンパ節転移なし
ルミナールA

術前はDCISとの診断。
8月に左乳房を全摘出しました。
ところが、術後病理検査で一部浸潤していることが判明しました。

全摘の場合、通常は腫瘍直上の皮膚も合わせて切除すると思うのですが、術後病理検査で浸潤していることがわかったため、皮膚がそのまま残ってしまっています。

主治医の先生は、腫瘍と皮膚との距離が十分あるので大丈夫、とおっしゃって下さいました。
私もその時は納得していたのですが、色々考えている内にだんだん不安になってきてしまいました。

以下、質問です。

①この場合、腫瘍と皮膚の距離が何㎜あれば安心と言えるでしょうか。

②4月にインプラントによる再建手術を受ける予定ですが、切除するとなれば、タイミングはいつが良いのでしょうか。

③もしも取り残した皮膚から局所再発してしまった場合、サブタイプが変化する可能性はあるでしょうか。
その場合は化学療法や抗HER2療法が追加になりますか。

④不安を払拭するため、できれば切除しておきたいという気持ちが強くなっています。
気に病みすぎでしょうか。

質問は以上になります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「①この場合、腫瘍と皮膚の距離が何㎜あれば安心と言えるでしょうか。」
→5mm以上あれば安心です。

「②4月にインプラントによる再建手術を受ける予定ですが、切除するとなれば、タイミングはいつが良いのでしょうか。」
→「切除」とは「腫瘍直上だった皮膚」の切除のことですか?

 現時点で「必要とする根拠」がありませんが、(もしも切除するなら)局麻でもできるから、「時期に拘る必要はない」と思います。

「③もしも取り残した皮膚から局所再発してしまった場合、サブタイプが変化する可能性はあるでしょうか。」
→ありません。

「その場合は化学療法や抗HER2療法が追加になりますか。」
→考えすぎ。

「④不安を払拭するため、できれば切除しておきたいという気持ちが強くなっています。気に病みすぎでしょうか。」
→「切除したほうがよい」という根拠がありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。