乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

浸潤性乳癌早期の化学療法について   [管理番号:6904] 
質問なのですが、
①私の状況でタイプも何も分かってない状況で本当に抗がん剤は必要ないのでしょうか。

②1年4ヶ月で8㎜の大きさは進行が早いのでしょうか。

③エコーで7×8㎜のものが、手術をして組織を取ったら1cmを越えていたという事はよくある事でしょうか?

④エコーで見える腫瘍の大きさが手術後の組織検査をした時の浸潤径と同じくらいと考えてよいのでしょうか?

⑤もし、手術後に腫瘍の大きさが1cm以内だった場合、トリプルネガティブや抗がん剤が効く型であれば先生でしたら、抗がん剤を勧められますか?
■病名:浸潤性乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法について   [管理番号:6984] 
ステージ3の乳がんになり現在ホルモン治療3年目です。

以下、質問です。

ゾラデックス5年が終了し、タモキシフェン単独になると生理が戻る可能性があるかと思いますが、それは予後に影響しないのでしょうか?

ルミナールタイプで5年目以降の再発があるのは、そういった事も原因の一つですか?

本当はゾラデックスも長期投与が望ましいが、国の医療費の問題などで5年となっているのでしょうか?

この先タモキシフェンと同様に10年が推奨される可能性もありますか?

ホルモン強陽性で、生理が来るのがよくないので今現在ゾラデックスで抑制していると理解しているので、ゾラを止めて生理が戻ってしまったら…と不安です。

よろしくお願いします。
■病名:乳癌
<女性:32歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳管内乳頭腫   [管理番号:6983] 
市川で、マンモトーム生検をして頂き、昨日、乳管内乳頭腫と確定診断頂きました。
ID番号〇〇 〇〇 です。

ありがとうございました。

今後は、1年の定期健診に戻って良いとの事で、ほっと一安心してほとんど質問せずに帰路についてしまいました。
乳管内乳頭腫についていくつか質問させてください。

1、マンモトームで、ほとんどの病変を取ったので、画像では確認出来ないくらいでしょう。
との事でしたが、乳頭腫は増殖傾向があることから、全てを切除する必要はないのでしょうか。
また、残っている病変が
増殖する事はあるのでしょうか。

2、乳頭腫自体は乳がんに変化はしないが、同じ乳管に増殖性病変(場合によっては癌)ができやすいということ、乳頭種の周辺にあるかもしれない微小な癌をすべて除去するためには、乳管ごと摘出=乳管区域切除すべき、とありましたが、分泌のない乳頭腫は「乳管区域切除」はできない事も読みました。
そこで質問ですが、リスク病変との位置付けである乳頭腫でも、1年毎の定期検査で大丈夫でしょうか。
私の病理結果から、現時点で心配するものが無い、との理解でよろしいのでしょうか。

お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願い申し上げます。
■病名:乳管内乳頭腫
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

葉状腫瘍について   [管理番号:6604] 
Dr.からは、
『良性だろうけど、非浸潤性乳管癌になった時も”まさか”と思っていただろうから念の為組織診をしましょう』
『恐らく葉状腫瘍だろう、良性の場合も手術(局所麻酔)になります』と言われました。
結果待ちの間、怖くて怖くてたまりません。
□質問
①私がセルフチェックで発見してから、こんなに早く大きくなるなんて
悪性の葉状腫瘍でしょうか?
悪性の可能性は高いと思われますか?

②線維腺腫の可能性はもうゼロに近いですか?

③既に転移を心配してしまうのは考え過ぎですか?

④温存をして、再発や転移に怯えて暮らす位なら、全摘したいと思っているのですが、先生の見解をお聞かせ下さい。

⑤葉状腫瘍の全摘に伴った乳房再建は自費でしょうか?

⑥癌の可能性はありますか?
■病名:線維腺腫
■症状:しこり
<女性:32歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。