乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

化生癌と言われました妻の初期治療に関して   [管理番号:6927] 
昨年も検診を受診しておりましたが、そのときは問題なし。
1年後の今年の検診で明らかな異常を感じていたようで、現在の発見時は4~5cmの大きな癌となっています。
先週の私のわかる範囲での情報は、化生癌であるということ、術前化学療法をやるということ、抗がん剤はパクリタキサンと書いてありました。
毎週投与の予定です。

妻の状態は白血球の数値が貧血気味ということでした。
ここは監視中だそうです。

リンパ節への微小転移の疑いがあること、その他臓器、骨への転移はなさそうだと言うこと・・・。

当初、妻からの情報で通常の乳がんに関して調べていたこととは違った結果を先週教えてもらったばかりで、このサイトにたどり着きました。
1週間ほど化生癌について調べているのですが、手術を急いでいない状態が不安でたまりません。

おとといが2回目の診察と抗がん剤治療の日でしたので、今一度、先生に質問をしてみました(私が質問している先生は主治医の診察ではありません=初回に妻に診察をしただけで、その後は非常勤の先生でした)
まずは、こんなに一気に大きくなっているので、手術先行には出来ないのか?ということと、リンパ節転移は理解したので、その他への転移は原発癌の進行度の速さが目立つので、抗がん剤をやっている間に転移の可能性はないのか?という2点を重点的に質問してみました。
タイプも聞いてみましたが、私の少しの情報通り?トリプルネガティブということでした。

2回目の質問で、来週の3回目の抗がん剤治療の後に、エコーを追加してくれましたが、手術を先行するには抗がん剤も途中で一旦やめることになるのと、手術予定が立て込んでいて、そこまでの緊急性は今のところないと思われるので状況観察をしませんか?ということで帰ってきたところです。
セカンドオピニオンを受けられるほどの情報もまだそろっていない少ない情報しかないのですが、田澤先生の見解をご教授いただけたらと思い相談させていただきました。
まずは、手術先行ではないのか?ということと
術前化学療法でのパクリタキサンの毎週投与と言うのはいかがなのか?に関して、質問となります。
■病名:乳癌、化生癌
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

マンモグラフィーのリスク   [管理番号:6742] 
以前、気になることがあり、病院でエコーとマンモグラフィーを受けました(結果異常は無しでした)。
その後、
検診について何気なく調べていたら、とあるクリニックのHPで、”若年でのマンモグラフィーは発癌リスクを上げる””若年者以外が年1で受けると発癌リスクは86人/10万人、しかし若年者ではその約10倍にもなる”というような記載を発見しました。
ちなみに更新は2015年でした。

これを見つけ、非常に不安とショックと後悔を感じています。
<女性:23歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

良性のしこりについて   [管理番号:6911] 
①私のように多発する場合、もしくは毎年増える場合どのように検査していくのがいいのでしょうか?(半年に1回エコー、もしくは1年に1回のエコー、適切な感覚を教えていただきたいです。健診だけでいいのでしょうか…)

②しこりが多発するからこそ、技師さんのエコーよりもお医者さんにきちんと診ていただきたいのですが、そういう病院を探すべきでしょうか?
ぜひ田澤先生に診ていただきたいですが遠方のため伺うことができません。
愛知県で探しています、どのような病院、医師を探すべきでしょうか?

③特に針生検をしていない、1センチ以下のしこりが私が把握してるだけで3つ以上はありそうなのですが、ここの病院では、大きくなればやるけどねー、という方針のようです。
病院によるのでしょうか? しこりがあることがわかっているのに、そんな放置でいいのでしょうか?
もちろん形とかエコーで見てるし、大きくなればやるから、と言われていますがエコーだけの診断を信用していいのでしょうか?

④現在妊娠中ですが、エコーでの検査や、判断は非妊娠時 同様きちんとできるものなのでしょうか?次回は授乳が落ち着いた頃に来るよう言われましたが 1年以上間があくのも心配です。
■病名:腺維腺腫
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。