乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

何もわからない状態で不安   [管理番号:5817] 
私から「自分の今の状態が全然わからないのですが手術前日に全ての説明を受けるのですか?」。
と聞いたら「そうですね。」って言われ少しだけ話してくれたのが「癌の広がりが大きいので全摘になります」とだけ言われ診察が終わりました。
元々、最初の癌検診での先生のお話では早期で10mmのしこりと言っていました。
それから約10日間で1cmから2cm弱に大きくなったのでしょうか?それとも計る先生での誤差なのでしょうか?
2cm弱が正しい大きさでしょうか?
広がりが大きいとの事を言われたのでさらにしこりは大きいのでしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

マンモグラフィ検査について   [管理番号:6902] 
私は昨日市川で先生に診察していただいたものです。

昨日はお忙しいなかお世話になりました。

今年の健康診断で触診と超音波検査を受け、気になるしこりがあるものの、
サイズが基準値に満たないため健康診断の結果には異常なしと記載することになると言われ、先生に診ていただきました。

私はこれまでも検診のたびに多発性嚢胞を指摘されており、きっと今回もそうだろうと思っておりましたが、
予想に反して検査したほうがよいとのお話で気が動転してしまい、
しこりの状態や大きさなど聞きたいことも聞けずに帰ってきてしまいました。

今回は超音波検査をしていただきましたが、私は3年前にマンモグラフィでカテゴリー3~4の石灰化を指摘され、マンモトーム生検を受けた経緯があります。
結果は乳腺症とのことでしたが、それ以来マンモグラフィは受けられておらず、その後の石灰化についても不安があります。

時期的にもマンモグラフィを受けたほうがよいのではと思っているのですが、先生のところでマンモグラフィ検査もあわせてお願いできないでしょうか。
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療方針   [管理番号:6901] 
質問1
リュープリンを追加するか迷っています。

40代の私でも追加することで再発率は下げることはできますか?
センチネルで1本転移していたことに不安もあり、治療を追加することが安心につながるのではないかと考えたりしています。

ですが、副作用が心配で迷っています。

質問2
一人目(現在5歳)を出産してから乳がん発覚まで流産を5回経験しています。

検査もしましたが、はっきりしたことはわからず恐らく年齢的な卵子の老化が原因のようでした。

最後の妊娠は今年の3月でした。

そんな経過からもう一人子供を産みたいという気持ちも捨てきれていません。

主治医には
「妊娠が再発率をあげるエビデンスはないが、ホルモン療法をすることで再発率を下げるエビデンスはある。

ホルモン療法を中断して妊活、妊娠することを夫婦でよく考えるように」と言われています。
■病名:乳癌
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右 脇 しこり   [管理番号:6738] 
脇の下をしっかりと触ってみたところ、右脇の下に1cm位のしこりを発見しました。

病院へ伝えたところ
「今の時点では転移していないから、心配しすぎないように。」との返答で、あまり親身に掛け合ってもらえませんでした。

左乳がんですのに、右脇の下に明らかなしこりがあります。

以前から背中が張っていましたが、最近は背骨の骨の痛みが強く、湿布を貼らないと、しんどいです。

鼠径部も痛みを感じることもあり、すでにリンパにのって、全身に散らばってしまっているのではないかと大変不安に思っています。

エコー検査でしっかりと診てもらっていると思うのですが、検査後すぐに発見したしこりは、検査の見落としか、
検査後に転移したものなのでしょうか?
■病名:左乳がん 非浸潤
■症状:右脇 しこり
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。