乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳癌ステージ4の手術について   [管理番号:6859] 
2015年12月にHer2のみ陽性 肝臓とリンパに転移ありと診断され、
2016年1月からFEC6回?ドセタキセル+ハーセプチン+パージェタ7回?ハーセプチン+パージェタで現在に至ります。
転移巣は消え原発巣は
鳴りをひそめているという感じでした。

この間、主治医から「手術で原発巣を取ってしまうという選択肢もある」「しかるべき時が来たら手術もありうる」と言われていました。

2018年8月のCT検査で原発巣が大きくなっていることがわかったので、ドセタキセルを再開しようと言われましたが、手術を希望したところあっさりと了承されました。
PET CT検査でも原発巣以外以上無しです。

ところがここへきて主治医がリスクを心配するような発言を繰り返します。
例えば、ステージ4での手術は標準治療ではないから、手術をしたらこの先どうなるかわからない、それでも良いか等。

手術は選択しない方が良かったのでしょうか。
■病名:乳癌
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤部と浸潤部でのサブタイプ 不一致について   [管理番号:6823] 
質問1
これまでのQ&Aを拝見する限り、ホルモン感受性については検査のエラーを強く疑っております。

私の場合もその理解でよろしいでしょうか?
稀に異なる場合があるとして、高値から0%になる症例を経験されたことはございますか?
再診断の結果、ホルモン感受性0%だった場合信頼して良いのか不安です。

質問2
非浸潤部と浸潤部のサブタイプ 不一致は微小浸潤の場合でもあり得ますか?
こちらについては回答を見つけることが出来ず、質問させていただきました。
重複していたら申し訳ありません。

最診断が術後結果と同じならば、抗がん剤治療を強く勧められております。

田澤先生のご回答で、5ミリ浸潤の場合抗がん剤なしとの記載を読んでいた為、追加治療を行うか迷っています。

ホルモン陽性の場合、ホルモン剤治療は希望したいと考えております。
■病名:乳癌
■症状:術後のため症状はありません
<女性:31歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

再発について   [管理番号:4292] 
[質問]
今更なのですが、
初発と二度目の乳がんは別のがんだと思うが、残っていたがんが出てきた可能性を否定できない。
三度目の乳がんはおそらく別のがんと言われました。
先生は三回とも違う乳がんだと思われますか?
同じがんがホルモン剤や抗がん剤により性質が変わってしまったということもありえますか?
三度目のは二度目の術後療法のACをやる前から嚢胞として存在していました。
パクリタキセル終了後に硬くなってきました。
という事はACもパクリタキセルも三度目には効いていなかったということでしょうか?
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

エコーにうつらないしこり   [管理番号:6858] 
胸にしこりを感じてほかにもしこりがないか探していたところ乳腺と胸骨柄の骨の上ににしこりを発見しました。

乳がんがあり転移しているのではと焦ってすぐに乳腺外科にいき見てもらったところ乳腺にあったしこりは完全に只の嚢胞なので放置でよく胸骨柄に乗ってるしこりは気にしてグリグリ手で触らないとわからないようなものでエコーにも何もうつっていないので正常な組織を触っているのでしょうといわれました。

石鹸をつけてさわると結構こりっと触れるのですがエコーで異常なければ大丈夫でしょうか?
つい、嚢胞が実は乳がんで転移ではと気になってしまいました。
<女性:36歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。