乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

嚢胞内乳がん(非浸潤)   [管理番号:6838] 
*主治医からはきれいに取りきっている。
摘出生検で非浸潤だったので、追加の手術とセンチネルリンパ節生検は行わない。
放射線治療25+5回をする。

サブタイプはホルモンに反応がないタイプだったので、ホルモン剤も飲まなくていい。

とのことで、現在放射線治療をしています。

そこで質問です。

・非浸潤が確定の場合はセンチネルは行わないことは、ガイドラインにも記載されているのを分かっているのですが、もし生検で分からない微小浸潤があってすでにリンパ節転移があったら、進行するのでは?と心配しています(ガイドラインには2%?)。
非浸潤の嚢胞内乳がんでそこまでは考える必要ないでしょうか?
非浸潤のサブタイプは気にする必要ないと田澤先生も言われていますが、HER2かトリプルネガティブだと思うと、1月の検診で見つけてもらえなかったこともあり、増殖が強く、悪性度も高いのでは?と心配です。

・また、基本的な質問ですが、非浸潤は「理論的には」転移はないと、
色々なHPに載っていますが、逆に非浸潤で転移があるのはどんな場合なのでしょうか?
■病名:非浸潤性嚢胞内乳がん
■症状:右胸3cmほどのしこりに突然気づいた
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左乳ガン   [管理番号:6837] 
左乳ガン疑いあり、針生検(音がバチン)麻酔をして3ヵ所から採集しました。

病理組織診断が出たのですが、レポートを見てもわからないのですが
[Addendum report〕
Left breast,DC area,needle
biopsy:
ADEQUATE,MALlGNANT
DUCTAL COMPONENT/DUCTAL
CARClNOMA IN SITU(DClS)
所見
病変周囲はCD10陽性ないしはp63陽性の筋上皮細胞に囲まれています。
乳管病変ないしはDClSと考えます。

MRI検査では範囲が大きいのでマ-ジンを
取って部分切除だと胸の半分位の切除、全摘同時再建できると言われました。
大きさは聞いてません。
浸潤の可能性はどのくらいあると考えますか?
術後の治療方法などは聞いていません。

抗がん剤はできるだけ避けたいと思うのですが
針生検と術後の病理検査では違う事があるのでしょうか。
どのくらいの違いがありますか。

明日、受診なのでよろしくお願いします。
■病名:左乳ガン
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右乳房の違和感について   [管理番号:3603] 
①一番最初に見つかった丸いもの、結局なんだったのか。
②現在の違和感(最初は痛みがあちこちだったが、2週間くらい経ち、嚢胞を指摘された場所あたりに何かできているような気がする)で、乳腺外科を早急に受診すべきか?
③北斗晶さんのような、
見落としはよくあることなのか。
違和感に納得できない場合、複数の乳腺外科を受診すべきか。
■症状:石灰化
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールBの術前抗ガン剤について   [管理番号:6551] 
6月○○日
右乳房部分切除術+腋窩郭清

6月○○日 病理結果
16㎜大の浸潤性乳癌癌 充実型 核グレード3 リンパ節転移2個
ER90%PGR90%ホルモン感受性ありHER2陰性 ki67 8% ルミナールA
抗ガン剤の効果で増殖率が下がりルミナールAになったとの事です。

術後ドセタキセル×4回 放射線療法 ホルモン療法タモキシフェン10年の予定です。
こちらのQ&Aをしっかり読んでいたら術後抗ガン剤を選択していましたが…。

術前のルミナールBの診断はグレーゾーンでAかもしれなかったでしょうか?
dd ECの効果はあまり出なかったとの事ですがリンパ転移2個あり予防の為にも術後ドセタキセルはやるべきでしょうか?

そもそもルミナールAで抗ガン剤は必要はなかったのでしょうか?
■病名:乳癌
<女性:40歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。