乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

トリプルネガティブ 抗がん剤治療薬の心配   [管理番号:6810] 
抗がん剤投与のあと、白血球が減少した頃に高熱が出ると毎回内服薬(シプロフロキサシン)を飲んでたので、その薬か?もしくは抗がん剤(エンドキサシン)がどちらかと言われて、腫瘍内科の先生の判断で重症化すると怖いからと、4回目の抗がん剤は中止になりました。

せっかく、色んな副作用にも我慢してあと1回のところだったのですが残念です。

今やっていた抗がん剤(AC療法)を3週間隔4回は絶対にした方が良いと言われて、そのあとタキソール(1週間隔で12回)はどちらでも良いと言われてたので迷ってましたが、タキソールはするべきだと思われますか?
腫瘍が2cm超えてなかったし、リンパ節転移もなかったから…どちらでも良いのなら、副作用も正直辛かったので、本当はしたけないのですが!
AC療法は3回だと、とれだけの効果になってしまったのでしょうか?
トリプルネガティブの癌には抗がん剤の治療しかないと聞いてるので心配です。

田澤先生のご意見をいただけると心強いのでよろしくお願いします。

手術の診断結果
ステージⅠ 腫瘍の大きさ1.9cm リンパ節転移0 腫瘍の悪性度3
EC陰性 PGR陰性 HDR2陰性 MIB-1(ki-67)70%

抗がん剤
アドリアマイシン+エンドキサン併用療法
3週間隔で4回
タキソールはまだ未定です。
■病名:乳癌
■症状:右乳房全摘手術をして抗がん剤治療中です
<女性:55歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

肺転移   [管理番号:6390] 
肺転移の腫瘍は小さくなっているなり、せめて大きさが変わらなければ
いいと思っていましたが、かなり落ち込みました。

質問ですが、
① これはドセタキセルが全く効かなかったのか、或いは薬剤の量なの
か、それとも効いているけどスピードが速いからこういう結果なの
か、田澤先生でしたらどのように考えますか?

② 肝臓はやはり転移ですか?

③ 右鼠径部リンパ節腫大は転移ですか?
この付近に帯状疱疹ができていて、だいぶカサブタにはなった状態
ですがまだ湿疹の後は残っています。
(ほかのリンパ節には問題はなさそうです、自分としては帯状疱疹
のせいと考えたいですが)

④ 私の場合、腫瘍マーカーは正常値でこの約3年弱の間で数値はほと
んど変わりません。
腫瘍マーカーが上がらないタイプもあるのですか?

⑤ ドセタキセルはやめて他の薬剤に変更した方が良いですよね?
CT画像をざっと見て 右の肺に小さいのを含めて13個、左の肺に7個
転移巣があるとの事。
担当医も他の部分の癌ではないか画像を見ていました。
■病名:トリプルネガティブ 肺転移 肝転移
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

全摘か温存か   [管理番号:6809] 
結果です。

しこりの大きさ 14.5×9
浸潤癌
グレード1
ホルモン受容体あり
HER2おそらくなし(追加検査中)
ki67低い
リンパへの明らかな転移なし
ステージ1

MRIにて対側ももやもやした部分があり針生検しました。

今日その結果と、CT、骨シンチをする予定です。

今の時点ではリンパへの転移は見られないし、現状での遠隔転移は心配ないだろうとのことでPETはしないそうです。

そこで田澤先生のご意見を頂きたいです。

乳房に関しては全く思い入れもなく、それよりも再発リスクを下げたいという思いから私の状態では必要ないかもしれませんが全摘を希望しています。

左も癌であれば両胸全摘で、落ち着いた頃に再建すればいいと思っています。
ですがもともと伸びにくい皮膚のようで妊娠線がものすごく出たので、ちゃんと伸びるのか少々心配もあります。

乳頭温存の場合はどれくらい再発リスクがあるのでしょうか。

乳腺だけ全摘すればある程度は再発リスクは下がるのでしょうか。

先生は乳頭温存は勧められますか?
■病名:乳癌
■症状:胸のしこり しこり側の肩から脇の違和感
<女性:32歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

今後の治療について   [管理番号:6808] 
治療経過
2012年 10月 初診

右側乳がん

腋下リンパ節、縦隔リンパ節 転移

術前抗がん剤治療

FEC+パクリタクセル(各4クール)

2013年4月

温存手術

2013年7~8月

放射線治療

2013年9月~2017年7月

ホルモン治療

ゾラデックス+タモキシフェン

2017年8月

単発胸骨転移

タモキシフェンを高容量トレミフェンに変更

11月

転移巣微量増大あり。

他部位に転移なきことからホルモン治療継続。

ゾラデックスで閉経状態を維持し、トレミフェンをレトロゾールに変更。

2018年9月

さらに転移巣増大。

放射線治療の予定。

臨床所見

右乳がん

浸潤性乳管癌(硬癌)

腋窩リンパ節転移あり

ER:+100%

PGR:+100%

HER2:陰性

MIB-1:30%

トモセラピーでの放射線治療を検討しています。

今の状態で先生がお考えになる治療方法を教えてください。
■病名:乳がん
■症状:単発胸骨転移増大
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。