乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6809]
性別:女性
年齢:32歳
病名:乳癌
症状:胸のしこり しこり側の肩から脇の違和感

初めまして。

小さい子供2人を抱えての乳癌告知で途方に暮れていた時、こちらを知り田澤先生のコメントを読み、恐れなくていいんだと勇気を頂きました。

私の場合、7月末に会社の健康診断にてオプションで乳がん検診。
マンモで異常なく、触診でしこりを指摘されました。

翌日精密検査を受け、エコーで境界不明瞭とのことで針生検を2本取られました。

10日後に出た結果は悪性を否定できないとのことで、追加の染色検査と市内の総合病院への紹介を受けました。

一週間後の総合病院の初診ではエコーを受け、8月下旬に再度エコー。

乳腺の状態から9月初旬にMRIと2度目の針生検4本を取りました。

その一週間後に出た結果です。

しこりの大きさ 14.5×9
浸潤癌
グレード1
ホルモン受容体あり
HER2おそらくなし(追加検査中)
ki67低い
リンパへの明らかな転移なし
ステージ1

MRIにて対側ももやもやした部分があり針生検しました。

今日その結果と、CT、骨シンチをする予定です。

今の時点ではリンパへの転移は見られないし、現状での遠隔転移は心配ないだろうとのことでPETはしないそうです。

そこで田澤先生のご意見を頂きたいです。

乳房に関しては全く思い入れもなく、それよりも再発リスクを下げたいという思いから私の状態では必要ないかもしれませんが全摘を希望しています。

左も癌であれば両胸全摘で、落ち着いた頃に再建すればいいと思っています。
ですがもともと伸びにくい皮膚のようで妊娠線がものすごく出たので、ちゃんと伸びるのか少々心配もあります。

乳頭温存の場合はどれくらい再発リスクがあるのでしょうか。

乳腺だけ全摘すればある程度は再発リスクは下がるのでしょうか。

先生は乳頭温存は勧められますか?

車で40分くらいのところに実家がありますが高齢の母のためあまり負担を掛けられません。
子供たちをちゃんと育て上げるまで出来る限り再発リスクを下げておきたいのです。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。
まず「再発」を「局所再発」と「遠隔転移再発」に明確に分けて考えなくてはいけません。

温存は「乳房内再発のリスクは上げる(全摘には乳房が無いのだからリスクはゼロ)」が「遠隔転移再発のリスクは同じ」

「乳頭温存の場合はどれくらい再発リスクがあるのでしょうか。」
「乳腺だけ全摘すればある程度は再発リスクは下がるのでしょうか。」

→上記通り。

 再発と一括りにせず、「乳房内再発」と「遠隔転移再発」に分けることから始めましょう。
 「乳頭を温存」すれば、「乳頭に再発するリスク」があります。

「先生は乳頭温存は勧められますか?」
→全摘とは本来「乳腺を全摘」することで、「局所再発を避ける」ために行うのだから「乳頭も含めた切除とすべき」と思います。

 
 

 

質問者様から 【質問2 MRIで写らない病変】

性別:女性
年齢:33歳
病名:乳癌
症状:胸のしこり、肩こり

先生お世話になります。

前回「全摘か温存か」で質問したものです。

誕生日を挟みましたので年齢が変わっています。

先生に乳腺は切除すべきとのお返事を頂き心が決まりました。

乳頭を残せるなら再建ももう少し楽になるかな?とつい悩んでしまいましたが初心に返り、なぜ全摘を選択したのかを思い返すことができました。

数日前に手術前最後の診察があり、あとは入院を待つばかりの状態です。

当初は腫瘍径14.5mm×9mm、あきらかなリンパ節転移も無いのでステージ1とのことでした。

ですが先日の担当医から執刀医への引き継ぎで執刀医より、
「しこり自体は足が伸びているようになっていて2cmくらいありそうだし、超音波技師からは全体で4cmくらいあるかもと言われている」と言われ少し動揺してしまいました。
入院後に執刀医が再度エコーで見るとおっしゃっています。

MRI後に2cmくらいかもとは担当医から言われていたのでステージが1つ上がるのか…と少し気落ちしましたがでも田澤先生もステージ2も初期と仰っているしあとは治療するだけ!と気持ちを持ち直したのに…です。

これで4cm全てが浸潤とは思いませんが、リンパ節転移の可能性が高くなっているかと思うと気持ちが沈みます。

MRIは広がりの確認に使われるとのことでMRIに写っている部分だけだと思っていたのに、エコーでしか確認できないこともよくあるんでしょうか?またMRIで写らないガンもあるという事でしょうか?
主人が心配で沈んでしまって…。

安心させる材料がほしいです。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

申し訳ありませんが…
明らかに「物事の本質を外して」無意味なことを考えています。

全摘するのだから、「乳房内の拡がりはどうでもいい」ことであり、術後の病理結果に関しては「MRIだろうがUSだろうが」病理学的所見(病理学的浸潤径)を予測することは不可能なのです。

★余計なことを心配することなく、やるべきことをやる。私がアドバイスできるのはそれだけです。

 
 

 

質問者様から 【質問3 センチネルリンパ節への転移なし】

性別:女性
年齢:33歳
病名:乳がん
症状:右乳房しこり

田澤先生、お世話になります。

温存か全摘かで質問させていただいている者です。

この度無事に手術が終わり、センチネルリンパ節生検で4個中転移0個で同時再建もしました。

現在病理結果待ちですが、術前の病理とサブタイプが同じだった場合ホルモン治療のみで良いのでしょうか。

仮に病理結果でセンチネルリンパ節への微小転移があった場合は放射線治療もした方がいいのでしょうか。

腫瘍径2cm程度
ホルモン感受性あり
HER2陰性
ki67低い
ルミナールA

腫瘍径が同じだった場合、センチネルリンパ節に転移がありとなしでは
再発リスクはどれくらい違うものなんでしょうか?

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「この度無事に手術が終わり、センチネルリンパ節生検で4個中転移0個」
⇒おめでとうございます。
 良かったですね!

「術前の病理とサブタイプが同じだった場合ホルモン治療のみで良いのでしょうか。」
⇒そうなります。

「仮に病理結果でセンチネルリンパ節への微小転移があった場合は放射線治療もした方がいいのでしょうか。」
⇒微小転移では放射線は不要。

「腫瘍径が同じだった場合、センチネルリンパ節に転移がありとなしでは
再発リスクはどれくらい違うものなんでしょうか?」

⇒全く無意味。

 迅速診断で転移無なのだから、無意味なことを考えるのは止めましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問4 病理結果】

性別:女性
年齢:33歳
病名:乳がん 充実腺管がん
症状:しこり

先生、いつもお忙しい中ありがとうございます。

全摘後、病理結果が出ました。

乳房切除術
センチネルリンパ節生検 陰性(2個中0個)
腋下リンパ節郭清 なし
浸潤がん(充実腺管がん)
エストロゲン受容体 陽性 スコア3b
プロゲステロン受容体 陽性 スコア3b
組織学的異型度 グレード1
ki67 16%
脈管浸潤 あり
腫瘍全体の大きさ 50×30ミリ
浸潤径 18ミリ
HER2スコア 2+
FISH法 陰性
切除断端 陰性
臨床病期 ステージ1

予想外に全体の大きさがあったことと、先生に相談させて頂いた乳頭部にスキップして非浸潤がんが存在しており結果的に全て切除して正解でした。

相談して本当に良かったです。

今後はタモキシフェン20mgとゾラデックスでの治療の予定です。

ゾラデックスとリュープリンの差はあまりないと言われましたがリュープリンは注射の針部分に少しだけ薬剤が残るから気分的にはゾラデックスの方がいいけどねとの主治医の言葉からそちらを選択しましたが、田澤先生はどちらを勧められますか?

術後の病理結果が出るまでずっと術前と結果が変わっていたらどうしようと不安でいっぱいでした。

結果、浸潤径も2cmを下回っておりほっとしたところです。

大丈夫!と安心してもいいですか?
治療以外に気をつけることはありますか?

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「田澤先生はどちらを勧められますか?」
→どちらも一緒でです。

「治療以外に気をつけることはありますか?」
→ありません。
 考えすぎるのはやめましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。